« 日本関係6963本、大半は06年以降〈米公電分析〉 | トップページ | ホジュン »

2011/05/05

在沖縄海兵隊移転規模を水増し ウィキリークスが米公電公表

 ああ、ちゃんと新聞読めてないですよねえ、と反省。昨日のウィキリークスで一番注文はやっぱりこれだったかなあ、などと。

沖縄海兵隊移転規模を水増し ウィキリークスが米公電公表(共同通信)

 日米両政府が在沖縄米海兵隊のグアム移転で合意した2006年のロードマップ(行程表)について、米政府が移転費用の総額や対象となる人員規模を実態より膨らませて示すことにより、日本側の負担比率を外見上減らす操作が行われていたとみられることが、内部告発サイト「ウィキリークス」が4日公表した米公電で判明した。日本側も米側の措置を認めていたという。
 菅直人首相は埼玉県内で4日夜、暴露された日本関連の公電情報について「合法的でない情報の発表と理解している。政府としてコメントすべきでない」と述べた。
 08年12月に在日米大使館から国務省に宛てた公電によると、06年4月の日米交渉の際、グアムの軍用道路建設費10億ドル(約800億円)が再編費用に盛り込まれた。…

 もともとロードマップについては、沖縄からグアムへの移転が8000人とされているが、実際には3000人程度ではないのかということが、当初から、共産党の赤嶺議員質問で明らかにされていた。それを裏付けるような公電。日本の負担を少しでも引き出すための操作としておこなわれているのだから、当然、この点はある程度日本政府も承知していたのかどうか?
 まあ、沖縄の基地問題が、どういう操作のうえですすめられていたのかよくわかるなあ。

 いよいよ明日から、仕事の再開! 今日も、ならしでね。夏まで、相当走り続けるのかなあ。いろいろ苦しいことが多くってねえ(昨日は変な夢を見たなあ)。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 日本関係6963本、大半は06年以降〈米公電分析〉 | トップページ | ホジュン »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/51589963

この記事へのトラックバック一覧です: 在沖縄海兵隊移転規模を水増し ウィキリークスが米公電公表:

« 日本関係6963本、大半は06年以降〈米公電分析〉 | トップページ | ホジュン »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30