« ホジュン | トップページ | 浜岡原発を一時全面停止 首相要請、中電受け入れへ »

2011/05/06

「コヒスタン、瞬く瞳の中で」パキスタンの子どもたち

 午前中、渋谷敦志さんの表題の写真展に行ってきた。パキスタンのこの地は、数年前に大きな地震があり、昨年、集中豪雨による大洪水が発生し、谷間を流れる川が山津波となって氾濫し、道路や市場、学校や民家を押し流した。この災害では死者およそ1,900人、被災者は2,000万人を超える大惨事となった。水の力というのは恐ろしい。

 写真そのものは、被災の現場を直接とるものではなく、復興のなかを生きる子どもたちの姿を追ったもの。テーマとしてはとても難しいもの。それをまるで中世の絵画のような写真にしあがっていた。
 この地は、山の民の地だ。彼はビルマの写真もそうだったけど少数民族を追う。そこには固有の暮らしがあり、文化がある。あざやかな衣装を身にまとう子どもたち。東北の地の震災でもそうだけど、そこには固有の暮らしがあり、文化がある。そのことを無視した復興などはありえない。そういうことは教えてくれる。

 会場の写真は渋谷さんのブログにある
 ぜひ、見てほしい写真展だな。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« ホジュン | トップページ | 浜岡原発を一時全面停止 首相要請、中電受け入れへ »

世界」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/51599341

この記事へのトラックバック一覧です: 「コヒスタン、瞬く瞳の中で」パキスタンの子どもたち:

« ホジュン | トップページ | 浜岡原発を一時全面停止 首相要請、中電受け入れへ »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31