« 社員の甲状腺から放射性ヨウ素=30、40代の男性-東京電力 | トップページ | 政府の原発発表「信頼できない」80% 不信任案可決なら「内閣総辞職を」62% »

2011/05/30

君が代訴訟:「教職員への起立命令は合憲」最高裁が初

 予想されたとは言え。きわめて政治的な判決だなあ。

君が代訴訟:「教職員への起立命令は合憲」最高裁が初判断(毎日新聞)

 卒業式の君が代斉唱時の不起立を理由に、東京都教委が定年後の再雇用を拒否したのは「思想や良心の自由」を保障した憲法に違反するなどとして、元都立高校教諭の申谷(さるや)雄二さん(64)が都に賠償を求めた訴訟の判決で、最高裁第2小法廷(須藤正彦裁判長)は30日、「校長の教職員に対する起立斉唱命令は合憲」とする初判断を示した。その上で、申谷さん敗訴の2審判決(09年10月)を支持し、上告を棄却した。申谷さんの敗訴が確定した。
 公立校での君が代斉唱を巡っては、最高裁が07年2月、都内の小学校長が音楽教諭にピアノ伴奏を命じた行為を合憲と判断したが、教職員全体が対象となる起立斉唱命令の違憲性の有無を判断したのは初めて。
 裁判官4人全員一致の判断。小法廷はまず「起立斉唱行為は卒業式などの式典での慣例上の儀礼的な性質を有し、個人の歴史観や世界観を否定するものではなく特定の思想を強制するものでもない」と指摘。ただし、起立斉唱行為を教員の日常業務に含まれないとした上で「国歌への敬愛表明を含む行為で思想と良心の自由に間接的制約となる面がある」と位置付け、間接的制約が認められるかどうかは「命令の目的や内容、制約の態様を総合的に考慮し、必要性と合理性があるかどうかで判断すべきだ」との判断基準を示した。
 その上で申谷さんのケースを検討。教育上重要な儀式的行事では円滑な進行が必要▽法令が国歌を「君が代」と定める▽「全体の奉仕者」たる地方公務員は職務命令に従うべき地位にある--ことを挙げ「間接的制約が許される必要性や合理性がある」と結論付けた。…

 早く、判決文を読みたいと思う。だけど、なぜ、政治的だとボクが言うのかといえば、1つは、職務命令の根拠は瀬正当かということ。これは、言うまでもないこと。だけど、さらにいえば、職務命令の出し方の正当性。校長は、どんな判断で職務命令を出したのか? この職務命令は校長が単独でだしたものではない。教育委員会という、教育の現場から離れた行政機関が教育に介入したものだ。
 最高裁は、学テ判決の当時の良識する失ってしまったのだろうか?

 蛇足だが、この判決をもって、大阪の条例を合憲だと主張する人がいるだろう。だけど、それは根本的に違う。条例で教育現場に介入する、それが問題の本質の1つでもあると思う。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 社員の甲状腺から放射性ヨウ素=30、40代の男性-東京電力 | トップページ | 政府の原発発表「信頼できない」80% 不信任案可決なら「内閣総辞職を」62% »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/51812074

この記事へのトラックバック一覧です: 君が代訴訟:「教職員への起立命令は合憲」最高裁が初:

« 社員の甲状腺から放射性ヨウ素=30、40代の男性-東京電力 | トップページ | 政府の原発発表「信頼できない」80% 不信任案可決なら「内閣総辞職を」62% »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31