« 被災地からきた子どもとともに~学校を安全と安心の拠点に~ | トップページ | 政府公表せず 米軍人・軍属処分件数 »

2011/05/27

日弁連会長、君が代起立に反対 条例強制を批判

 ニュースをクリップ。

日弁連会長、君が代起立に反対 条例強制を批判(東京新聞)

 日弁連は26日、橋下徹大阪府知事が代表を務める「大阪維新の会」の府議団が、「君が代起立条例案」を議会に提出したことを受け、宇都宮健児会長名の反対声明を発表した。
 声明は「首長が教職員に、免職を含む制裁を公言して起立・斉唱を求め、条例で強制することはかつてない事態」と批判。「思想・良心の自由などの基本的人権の保障に加え、教育の内容や方法への公権力の介入は抑制的であるべきという憲法上の要請に違反するものとして、看過できない」とも指摘している。
 日弁連とは別に「子どもと教育・文化を守る府民会議」など大阪府に基盤を置く市民団体や労組の7団体が共同アピールを発表。「憲法と教育本来のあり方に背く条例をつくることは絶対に許されない」と訴えている。

 日弁連会長の声明はこれ
 思想信条の自由のことが、報道などでは強調されているが、それはもちろんそうだけれども、会長声明が次のようなことを言っているのは重要。

 さらに、教師と子どもとの間の直接の人格的接触を通じてその個性に応じて行わなければならないという教育の本質的要請に照らし(1976年5月21日旭川学力テスト事件最高裁大法廷判決)、子どもの学習権充足の見地からは、教育の具体的内容及び方法に関して、子どもの個性や成長・発達段階に応じた教師の創意や工夫が認められなければならない。したがって、子どもの学習権に対応するため、教員には、公権力によって特定の意見のみを教授することを強制されないという意味において教育の自由が保障されている。この趣旨は、教育行政の独立を明確に定めた教育基本法16条1項にも現れている。

 豊かな教育活動の障害になる。これは子どもや親にとっても重大な問題であるということを指摘している。
 さすがに大事なことをいうなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 被災地からきた子どもとともに~学校を安全と安心の拠点に~ | トップページ | 政府公表せず 米軍人・軍属処分件数 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

卒業式で「君が代」のピアノ伴奏を音楽教師に命じた職務命令は、最高裁までいって合憲だって判決が出てたと思うんですが。
また、先ごろの東京高裁で卒業式で不起立をし、処分を受けた教師による処分取消裁判も、起立の業務命令自体は、妥当なもので憲法違反ではないという判決だったと記憶しています。

日弁連会長は、このような判例を真っ向否定ということなんでしょうかね?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/51777985

この記事へのトラックバック一覧です: 日弁連会長、君が代起立に反対 条例強制を批判:

« 被災地からきた子どもとともに~学校を安全と安心の拠点に~ | トップページ | 政府公表せず 米軍人・軍属処分件数 »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31