« 職業訓練で雇用を生み出せ | トップページ | 募金しない生徒名黒板に掲示、大館一中 苦情受け撤去 »

2011/05/19

府教委、君が代起立で職務命令へ 大阪「全教員に」

 どこまでいくのだろう、大阪は? 現代のポピュリズムは、こういう扇動とナショナリズムにむすびつくのはパターンだと言われるけれども。

府教委、君が代起立で職務命令へ 大阪「全教員に」(共同通信)

 大阪府教育委員会は19日、橋下徹知事との意見交換で、入学式などでの君が代斉唱時に起立を求める通達に従うよう府立学校の全教職員に職務命令を出す方針を明らかにした。職務命令はこれまで、校長の指導に従わない教職員に対してのみ出されていた。違反すれば懲戒処分の対象となる。
 終了後、知事は記者団に対し「公務員の一員である教員には、職務命令に関しての思想信条の自由は認めない」と強調した。
 知事が代表の「大阪維新の会」の府議団は、府立学校の入学式や卒業式で君が代を斉唱する際、教職員に起立を義務付ける条例案を5月議会に提出する方針。

 高い支持率を誇る橋下府政だけど、どこからか破たんは訪れる。不満を背景に、不満に応えることを、明確な社会の変革ではない方法で、なしとげようとする限り、どこかで、府民の要求との亀裂は起きる。
 現状への不満の矛先を、公務員に向けるのは1つの方法。だけど、これで教育はよくならないのは冷静に考えればだれだってわかるはずだ。

 内田樹さんが、この問題をうまく書いている。100歩ゆずって、国旗国歌が教育の課題だとしても、それは押しつけでは、まったく意味をなさない。そんなことは冷静に考えれば、だれだってわかる。だけど、それにあえて固執する。
 もしかしたら、橋下さんも含めた人たちは、自分たちの主張の基盤の脆弱性を自覚しているのかもしれない。だけど、大きな声で敵をつくれば、不満の解消が見えないあいだは、支持を集めれる。そういう過渡期的な支持であっても、それをテコに次をめざせる。そういう打算がはじめからあるのだろうか?

 では、冷静な議論をどうつくりだすのか。みんなが感じている不満を受けとめ、解決する方向をともにつくりあげていくような議論をどうつくっていくのか。議員が敵とされ、公務員や教員が敵とされた。それにどう応えるのか。
 その答えを、しっかりつかんでいくための時間もそう長くはかけていられないなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 職業訓練で雇用を生み出せ | トップページ | 募金しない生徒名黒板に掲示、大館一中 苦情受け撤去 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/51717097

この記事へのトラックバック一覧です: 府教委、君が代起立で職務命令へ 大阪「全教員に」:

« 職業訓練で雇用を生み出せ | トップページ | 募金しない生徒名黒板に掲示、大館一中 苦情受け撤去 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30