« 脱・依存経済 ひずみの構図 基地と沖縄経済 名護市  | トップページ | 子どもと教育実践のための教育学を求めて »

2011/05/21

窓口負担「定額上乗せ」提案

 今日は、午前中は会議。午後からは取材に出かけます。
 さて。

窓口負担「定額上乗せ」提案(東京新聞)

 厚生労働省は十九日、税と社会保障の一体改革を検討する政府の集中検討会議(議長・菅直人首相)で、医療・介護分野の改革方針に関し、医療費の窓口負担で新たに一定額を上乗せする「定額負担」の導入や、介護保険の加入年齢を四十歳から引き下げることを提案した。
 定額負担は、外来患者の窓口負担に一回当たり、百円程度を上乗せする案が浮上している。導入により、毎月の医療費支払いに上限を設ける高額療養費制度を見直し、重症患者のさらなる負担軽減に充てたい考えだ。
 市町村単位で運営している国民健康保険(国保)は、都道府県単位などに広域化し、財政基盤を安定化させることも求めた。……

 震災をへて、日本の政治や社会のあり様が、根本から問いかけられているにもかかわらず、これでは火事場泥棒的に、社会保障の切り捨てに向かってしまいます。高い保険料をとられたうえで、さらに、窓口負担を増やすことをすれば、ますます医者にかかれない医療難民が増えてしまいます。
 もともと、小泉「構造改革」で、毎年2200億円も社会保障費が削られて、それが、大きな社会の困難、格差と貧困をつくりだしたことなど、もう忘れてしまったのでしょうか。こんな重大なことを震災の影に隠れて平然と議論をすすめるなんて、許すことなどできません。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 脱・依存経済 ひずみの構図 基地と沖縄経済 名護市  | トップページ | 子どもと教育実践のための教育学を求めて »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/51728333

この記事へのトラックバック一覧です: 窓口負担「定額上乗せ」提案:

« 脱・依存経済 ひずみの構図 基地と沖縄経済 名護市  | トップページ | 子どもと教育実践のための教育学を求めて »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31