« 海自イージス艦事故無罪判決:遺族「納得いかぬ」、ぼうぜん、憤り、涙 | トップページ | 生活保護受給、200万人超 過去最多の52年度並み »

2011/05/12

政府、オスプレイ容認へ 来年にも普天間配備

 本当に、沖縄が大変な事態になっている。米上院では、普天間の辺野古移設の断念と、嘉手納移設なども議論されていると言われるが、嘉手納の騒音の実態は、それを許すような状況ではない。
 政府サイドでは、次のような話が出てきている。

政府、オスプレイ容認へ 来年にも普天間配備(東京新聞)

 政府は、米海兵隊の新型垂直離着陸輸送機「MV22オスプレイ」の沖縄への配備を容認する方針を固めた。米軍は来年にも配備する計画だ。配備先は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)代替施設が想定されていたが、移設のめどが立っていないため、同飛行場となる可能性が高まっている。同機は開発段階で墜落死亡事故が相次ぎ、安全性や騒音への懸念が指摘されており、沖縄側の反発は必至だ。
 菅直人首相と枝野幸男官房長官、外務・防衛両大臣が四月二十八日に協議し、こうした方針を確認した。近く開催する外務・防衛閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)で米側に伝える考えだ。
 米海兵隊は、二〇一二年十月から在沖縄部隊に配備し、ベトナム戦争当時から使用し老朽化している中型ヘリCH46と交代させることを計画していた。昨年九月には米国防総省の報道官が日本への配備を明言した。
 政府は、計画自体の存在を認めていなかったが、米側の機種交代の期限が近づいていることを踏まえ、2プラス2で沖縄配備を正式に認める必要があると判断した。
 だが、同県名護市辺野古への建設を予定している代替施設が進まない中で、市街地にある普天間飛行場に配備されることが濃厚になる。このため、沖縄県の仲井真弘多知事は「ああいう事故の多いものを街の真ん中に持ってくるのは、常識はずれもいいところだ」と強く反発している。
 また、政府は普天間問題について、〇六年に日米が合意した「移設を一四年までに完成させる」とした期限の断念も2プラス2で確認する方向で調整している。

 ここにきて、なおも、県内移設に固執し、さらには、普天間固定化も辞さない。オスプレイは墜落の危険性もある。騒音もバカにならない。住民の生活地域が密集している普天間にオスプレイをもってくるなど、狂気の沙汰だとしか思えない。住民が許すはずがない。
 ウィキリークスでは、岡田幹事長が、政権維持のためにはアメリカとの良好な関係が必要とのべた公電があきらかにされている。
 結局、日本政府は、ここにきても、沖縄県民を裏切り続けるというのか。そういうことを許して良いのか。
 本土の運動も、そういう点を大きな声をあげて議論しなければいけないと思うのだ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 海自イージス艦事故無罪判決:遺族「納得いかぬ」、ぼうぜん、憤り、涙 | トップページ | 生活保護受給、200万人超 過去最多の52年度並み »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/51654881

この記事へのトラックバック一覧です: 政府、オスプレイ容認へ 来年にも普天間配備:

» MV22オスプレイ [コシ・ファン・トゥッテ★]
「辺野古」断念提言 説明や、外交公電は対米交渉は、うそで塗り固められたものであることを明らかにしている。 最新鋭垂直離着陸機MV22オスプレイの配備が決まっているのにごまかす、V字形滑走路は離着陸用に分離するとしながら覆す、集落上空を飛行しないとし 政府、オスプレイ容認へ 来年にも普天間配備 話が出てきている。 政府、オスプレイ容認へ 来年にも普天間配備(東京新聞) 政府は、米海兵隊の新型垂直離着陸輸送機「MV22オスプレイ」の沖縄への配備を容認する方針を固めた。米軍は来年にも配備する計画だ。配... [続きを読む]

« 海自イージス艦事故無罪判決:遺族「納得いかぬ」、ぼうぜん、憤り、涙 | トップページ | 生活保護受給、200万人超 過去最多の52年度並み »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30