« 在日米海軍司令部が佐世保に移転? 相次ぐ横須賀配備艦寄港 | トップページ | 原発に頼らない安心できる社会へ(城南信用金庫) »

2011/04/14

放射線量分布 北西へ飛散裏付け 福島大が地図化

 少しずつ、いろいろなデータが出そろってくる。被害がどんなものか、リアルにわかっている。

放射線量分布 北西へ飛散裏付け 福島大が地図化(河北新報)

 福島第1原発事故で、福島大は13日、浜通り、中通り地方の372地点で測定した1時間当たりの放射線量を示した地図を発表した。実測データに基づいて詳細な放射線量の分布が示されるのは初めて。放射線量の高い地域が原発の北西方向に帯状に広がっている状況が裏付けられた。
 共生システム理工学類の山口克彦教授は「放射線量を面的に示し、放射性物質の飛散状況が把握しやすくなった」と述べた。飛散の経路や仕組みについて気象条件と地形を踏まえて解析する。
 測定は3月25~31日、原発の20キロ圏内を除く浜通り、中通りの地域で実施。2キロ四方に区切った各区域の中の1カ所から数カ所で行い、半減期を考慮して算出した30日時点の放射線量を示した。測定値が同レベルの地点を等高線のように結んで飛散状況を把握しやすいようにした。
 地図を見ると、放射線量は原発から約25キロ離れた浪江町津島付近の約70マイクロシーベルトを最高に、原発の北西方向に高い地域が分布している。福島、郡山両市周辺では周囲より放射線量が高めの地域があり、山口教授は「放射性物質は複数のルートで流入しているのではないか」と推測している。

 さて、このテータをどう読むのかだ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 在日米海軍司令部が佐世保に移転? 相次ぐ横須賀配備艦寄港 | トップページ | 原発に頼らない安心できる社会へ(城南信用金庫) »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/51390287

この記事へのトラックバック一覧です: 放射線量分布 北西へ飛散裏付け 福島大が地図化:

» 東日本大震災後の生活術 [被ばくを最小限に抑えるための知識]
このたびの東日本大震災で被災された方々、そのご家族、ご関係者のみなさまへ心よりお見舞い申し上げます。 震災後、福島第1原発の放射能漏れ事故の影響で消費者が水道水を敬遠し、ペットボトルなどのミネラルウォーターなどの飲料水を買いだめする傾向がみられています。 安全な暮らしに役立つ生活術などをまとめてみました。... [続きを読む]

» ★放射能汚染の実態を隠蔽して復興計画は画餅だ! [★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★]
★正確な状況認識に基づかない復興計画は利権の巣窟だ!将来の展望が見えない非科学的 [続きを読む]

« 在日米海軍司令部が佐世保に移転? 相次ぐ横須賀配備艦寄港 | トップページ | 原発に頼らない安心できる社会へ(城南信用金庫) »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30