« 祈る思いと政治の選択 | トップページ | 電波時計が誤動作 震災で福島局が停波 »

2011/04/10

天使と悪魔

20081107002fl00002viewrsz150x 家に帰ったら、相方がこの映画を見ていた。ボクはこの映画は見ていなかったし、原作も読んでいなかった。トム・ハンスクおきまりの?いらいらするような展開だけど、結構、ドキドキしておもしろい。途中から見て、直感、カメルレンゴが怪しいなんて、ボクはすく思うのだけれども、健康的な相方とは正反対の反応。結果は、お決まりのとおりなのだけれども。
 この大地動乱の時代、ボクのような反応が、ほんとうは求められているのか、疑いをもたない、相方のような反応が人として求められるのか。「危機」ということが、リアルな語感をもっているだけに、ちょっと考え込んだりもするところでもあるのだけれどねえ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 祈る思いと政治の選択 | トップページ | 電波時計が誤動作 震災で福島局が停波 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/51346285

この記事へのトラックバック一覧です: 天使と悪魔:

« 祈る思いと政治の選択 | トップページ | 電波時計が誤動作 震災で福島局が停波 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31