« 日本の放射能汚染水放出、韓国政府が公式懸念通達 | トップページ | 「被災者救済の徳政令を」 日弁連会長、ローン免除要望 »

2011/04/07

本部長4回も交代 政府の原子力災害現地

 東京は、桜が満開です。そんなことにふと、昨日の帰り、うちの団地の桜も満開だって気づきました。某ガクブチョーさんも言っていましたけど、それでも春はやってくる、若い人たちもやってくる、そこに希望を、ですね。
 さて、こんなニュースがありました。これもまた驚きです。

本部長4回も交代 政府の原子力災害現地対策本部(福島民報)

 福島市にある政府の原子力災害現地対策本部の本部長が震災発生から6日までに、4回交代し、県と避難自治体から「責任の所在が不明。国の対応がちぐはぐで遅い要因だ」との批判がでている。
 現地本部長は、3月11~15日が池田元久経済産業副大臣、15~29日が松下忠洋同省副大臣、30~31日が池田副大臣、4月1~5日が中山義活経産政務官で、現在は池田副大臣が務めている。
 県災害対策本部に本部長が交代する際、連絡はないという。生活環境部の関係者は、農産物の摂取・出荷制限の指示系統をめぐり国の防災基本計画と厚生労働省の方針が統一されておらず県が困惑していることを例に、「現地本部にしっかりとした司令塔がいないため、明確な対応ができていない」と指摘。別の職員は「国は被害に苦しむ現場の状況を理解しようとしていない。中途半端な、まさにお役所仕事」と酷評している。
 一方、原発事故で役場機能を移した双葉郡内の町長の一人は、原発事故の情報が素早く伝わっていないと批判し、「陣頭指揮を執る人がころころ代わることが、対応のお粗末さに影響しているのだろう」とあきれ顔だ。
 原発事故の際、地元自治体と連携し住民の安全確保に当たる現地本部長は、原子力災害対策特別措置法で副大臣か政務官が務めるとされている。……

 地震発生時から、被災地での政治家による陣頭指揮というのは、どのようになされているのか知りたかったのですが、結局、こういう状態なのかと、驚きました。無責任なのか、いてもいなくてもいっしょだということなのか。ひどい話だと感じますがね。

« 日本の放射能汚染水放出、韓国政府が公式懸念通達 | トップページ | 「被災者救済の徳政令を」 日弁連会長、ローン免除要望 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/51324661

この記事へのトラックバック一覧です: 本部長4回も交代 政府の原子力災害現地:

» ★放射能拡散情報公開は八百長の出来レース! [★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★]
★報道管制の実態を誤魔化すマスコミ!★最新の放射能汚染シュミレーション「ZAMG [続きを読む]

« 日本の放射能汚染水放出、韓国政府が公式懸念通達 | トップページ | 「被災者救済の徳政令を」 日弁連会長、ローン免除要望 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31