« ラムズフェルド氏、普天間返還遅れ「日本の問題」 | トップページ | 個人事業主でも「労働組合法上の労働者」 最高裁が判断 »

2011/04/13

むき出しの格差のなかで

 今日も、しっかり働いた一日。きた原稿を1本処理。宣伝関係の実務を処理。それから、自分が書かなきゃいけない原稿の進行は九割ぐらいまできたかなあ。

 さて。

 『災害ユートピア』という本が話題をよんでいる。注文をしたけれども、ボクはまだ読んでいない。
 ただ、災害心理学の世界では、よく「災害ハネムーン期」という言い方がされる。災害の直後は、助け合いが生まれる。連帯が生まれる。だけど、一カ月ほどたつころから、緊急の避難から復興過程にうつると、被災は個人化される。復興の過程では、これまで存在していた格差が、むき出しの形で、被災者を襲うことになる。問題はこれからなのかもしれない。ましてや、東北の地は、地域そのものが疲弊するような形で、格差をいっそう押しつけられたところでもある。困難な課題を抱えた人ほど、その声は小さい。小さい声は、政治の世界にはなかなかとどかない。ボクらは、ここをしっかり考えることが求められているのだと思う。

 みんなの力で、問題は解決しなければいけない。それはそうだ。だけど、この社会は、やっぱり格差社会、力のある人と、そうでない人との差がはっきりした社会でもある。
 それは、原発の問題でも同じだろう。東電も、政府も、この期におよんで、すべての情報を明らかにしているわけではない。いまだ、自分たちの利害そのものを優先しているとしか思えない発言が続く。

 それでも、経済が大事だという思うが、小さくはない。もう一度、どう議論するのか、足場から考えなければならないのだろうか?

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« ラムズフェルド氏、普天間返還遅れ「日本の問題」 | トップページ | 個人事業主でも「労働組合法上の労働者」 最高裁が判断 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/51381860

この記事へのトラックバック一覧です: むき出しの格差のなかで:

« ラムズフェルド氏、普天間返還遅れ「日本の問題」 | トップページ | 個人事業主でも「労働組合法上の労働者」 最高裁が判断 »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31