« 毎日がんばっているけれど…“ママをする”のがつらくなったら | トップページ | 恣意的な測定やめよ 校庭の放射線量 宮本議員が要求 »

2011/04/27

小中高生536人が死亡・不明 被災3県、大多数は下校後

 つらいニュースでもある。この数を多いと見るのか、少ないと見るのか。

小中高生536人が死亡・不明 被災3県、大多数は下校後(共同通信)

 東日本大震災で死亡・行方不明となった国公私立の小中高の児童生徒数が計536人に上ることが27日、分かった。亡くなったのは378人、行方不明になっているのは158人で、死者・行方不明者が出たのは岩手、宮城、福島の3県。
 3県の教育委員会によると、死亡した児童生徒のほとんどは、下校途中や下校後に自宅などで津波に遭遇。担当者や学校関係者は「校内に残って上階に避難した学校で、被害を免れるケースが多かった。地震が1時間遅ければ、子どもの被害は大幅に増えた可能性が高い」と指摘している。
 死亡は宮城273人、福島59人、岩手46人で行方不明は宮城74人、岩手52人、福島32人。宮城県が全体の7割以上を占めている。3県の学齢別は小学生234人、中学生111人、高校生191人。
 宮城県東松島市では小学生18人、中学生6人が死亡。市教委によると、死亡したのは地震発生直後に保護者の迎えで下校した生徒や、短縮授業の期間で下校した低学年の児童だった。…

 2時46分は、早く学校が終わったところでは、下校しているが、多くの学校では子どもたちがまだいた時間帯。下校した子どもたちに被害が多いのだろうなあ。避難できたところもあるだろうし、鉄筋の屋上で助かった子どもたちも多いだろう。だけど、避難途中で津波にのまれた大川小のようなところもある。

 残らされ子どもたちの生活や成長をどう支えるかはもちろん大きな課題になっている。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 毎日がんばっているけれど…“ママをする”のがつらくなったら | トップページ | 恣意的な測定やめよ 校庭の放射線量 宮本議員が要求 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/51511110

この記事へのトラックバック一覧です: 小中高生536人が死亡・不明 被災3県、大多数は下校後:

« 毎日がんばっているけれど…“ママをする”のがつらくなったら | トップページ | 恣意的な測定やめよ 校庭の放射線量 宮本議員が要求 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30