« 身内の乱首相窮地 小佐古内閣参与が辞任 | トップページ | 不破哲三 時代の証言 »

2011/04/30

3・11後における対抗の現局面

 昨日はよく飲んだなあ。2日酔いというわけではなかったかな今日は。でも、少し、睡眠不足。
 さて、今日は、午後から表題のテーマでの、福祉国家構想研究会に参加。

Img00229201104301509 渡辺治さんの報告が炸裂。震災前に政治はどこまで来ていたのか、震災と原発事故はなぜ起こり深刻化したのか、3・11は日本の政治にいかなるインパクトを与えたのか、私たちの課題は何か。民主党による政権交代後の政治を俯瞰しながら、この間、何が政治に提示されているのかを解明する。いくつか、これは大事なあという論点もあり、充実した2時間の報告だった。
 会場には、この手のいつもの集会とちがって、若手研究者や、院政、学生、ユニオンの活動家など若い人が多かった印象をうけた。それはそれで、大きな希望でもある。

 会場で、何人かの研究者といろいろおしゃべりと情報交換。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 身内の乱首相窮地 小佐古内閣参与が辞任 | トップページ | 不破哲三 時代の証言 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/51538308

この記事へのトラックバック一覧です: 3・11後における対抗の現局面:

« 身内の乱首相窮地 小佐古内閣参与が辞任 | トップページ | 不破哲三 時代の証言 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30