« 審査会で早急に改憲論議を=超党派 | トップページ | 身内の乱首相窮地 小佐古内閣参与が辞任 »

2011/04/28

東京をどうするか ―― 福祉と環境の都市構想 ――

0257990 いまさらなんだけど。知事選も、地方選挙も終わって。だけど、震災をへて、これからの社会をどう描いていくのかっていう視点で、この本をもう一度読み始めている。出たとき、ざっと読んだんだけど、ざっとだったなあ。いまさらに読んでみて、おもしろいなあと痛感させられる。そもそも、構造改革で、格差と貧困がこれだけあらわになった社会、その対応を、グローバル経済への対応ということを一義的にすすめようという政治。これに対し、国民の安全や暮らしを基礎に、どう対抗的なビジョンを提示するのか。よみどころはいっぱいある。
 忘れてはいけないのは、ほんとうに格差や貧困があらわになっていること。震災後の、解雇や雇い止めはとっても広がっている。生活保障という機能がくずれさった政治のうえに、復興の構想は、グローバル経済の基地としての地方では、国民はどうなるのか。
 もちろん本の主題は、東京の問題だけれども、こういう提起をうけ、日本の問題、東北の問題をどう考えるのか。示唆にとんでいることは間違いないわけで。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 審査会で早急に改憲論議を=超党派 | トップページ | 身内の乱首相窮地 小佐古内閣参与が辞任 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/51519869

この記事へのトラックバック一覧です: 東京をどうするか ―― 福祉と環境の都市構想 ――:

« 審査会で早急に改憲論議を=超党派 | トップページ | 身内の乱首相窮地 小佐古内閣参与が辞任 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31