« 辺野古「強行は無謀」 米有力外交専門家が論文 | トップページ | 自殺、13年連続3万人超 「就職失敗」原因2.4倍 »

2011/03/02

無保険で受診遅れ、71人死亡 「制度崩壊」と民医連

 昨日は歓送会と称した、飲み会。今日は話を聞くという名目での飲み会。実は、飲んでいる相手が同じ人だったりして。こりないなあといえばそれまで何だけど、でも深まった話で面白かった。いやあ、ある分野の問題で、結構、深まっています。

 さて

無保険で受診遅れ、71人死亡 「制度崩壊」と民医連(共同通信)

 国民健康保険(国保)の保険料を滞納して「無保険」状態になったり、保険証は持っていても医療費の自己負担分を払えなかったりして受診が遅れ亡くなった人が昨年、24都道府県で71人に上り、前年(47人)の約1・5倍に増えたことが2日、全日本民主医療機関連合会(民医連)の調査で分かった。
 失業者や非正規労働者が多く、民医連は「厳しい雇用状況が続く中、払いたくても払えない人が急増しており、もはや『国民皆保険制度』は崩壊している」と指摘。調査対象は民医連加盟の病院や診療所計1767施設で「背後にはもっと多くの犠牲者がいる可能性がある」としている。
 71人のうち、保険料滞納は42人。内訳はまったく保険がない「無保険」が25人、滞納のため有効期間が短くなる「短期保険証」が10人、さらに滞納が続き保険証を返して医療費全額をいったん払わなければならない「資格証明書」が7人。…

 午前中の記者会見。どうせボクは二日酔いということで、ほかに人にいってもらましたが。だめですねえ。こういう仕事の態度はと反省しつつ?

 調査結果の現物はここ。
 たぶん、昨年の調査結果もこのブログで紹介したと思うけど、いっそうの深刻さだ。国保料への市町村の持ち出しをやめさる通達の結果もあるのだろう。国保問題は深刻だ。同時に、医療費の負担という壁もある。保険証をもっていてもかかれない実態も広がっている。保健制度の現状は、もう命の保障するものではすっかりなくなっている実態が浮き彫りになる。とくに若者のなかでの非正規労働の広がりは、潜在的な問題として、保健制度のあり方そのものを問いかけているのだと思うけど。

 しかし、政府のなかでの議論は冷ややかだ。ここに税金を使うことを財務省は一貫して否定的なのだと思う。もし、自治体の持ち出しをやめれば、東京でも、3万円のほどの国民保険料(税)の値上げにつながるという。そんな事態になれば、国民の命はどうなるのか。ほんとうは税と社会保障の改革ではそんなことが問われているはずなのだけれども。
 国のあり方、自治体のあり方が問われる中での、いっせい地方選挙であり、解散ぶくみの政局なのだけれども。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを
 

« 辺野古「強行は無謀」 米有力外交専門家が論文 | トップページ | 自殺、13年連続3万人超 「就職失敗」原因2.4倍 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/51016800

この記事へのトラックバック一覧です: 無保険で受診遅れ、71人死亡 「制度崩壊」と民医連:

« 辺野古「強行は無謀」 米有力外交専門家が論文 | トップページ | 自殺、13年連続3万人超 「就職失敗」原因2.4倍 »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31