« 3年B組 金八先生ファイナル | トップページ | 被災3県30万戸空き家 市民団体「すべて公表を」 »

2011/03/28

福島第1原発:事故の影響 世界で広がる見直し

 今日(昨日)は、ゆっくりの一日を過ごす。ちょっと、疲れたあ。昼から、相方と久しぶりに映画を見に行く。行ったSMは、うん、何と言うか、まあ日常の世界なのだけれど、でもどことなく不安げの毎日。昼のTV番組で、キャスターさんが言っていたけれども、情報を知らされないなかで、結局、覚悟しろってことかと。何となく、そんな雰囲気が充満しているなあ。

 フランスのフランス放射線防護原子力安全所(IRSN)がそこのHPで、日本語の情報を発信し始めた。同所によると、原発の危機的な状況は、まだ数ヶ月続くのではという予想も出ている。悪い方向にむかわなければいいのだが。
 だけど、さっぱり情報は、やっぱりでない。どころか、情報の管理そのものが、むちゃくちゃになっている感じがする。高濃度の放射線が出ていても、そのことが報告されなかったり。東電の混乱もそうだけれども、それでも情報はでてこない。その背景は、政府、そのものが、いわば統治能力を失いかけているのだろうか。

 一方、世界では原発政策の見直しがすすむ。

福島第1原発:事故の影響 世界で広がる見直し(毎日新聞)

 東日本大震災で被災した福島第1原発事故の影響が、世界各国に広がっている。ドイツが1980年以前に稼働した老朽原発7基の運転を3カ月間停止する措置に踏み切ったほか、中国も新規原発の審査を一時中断、イスラエルなどが計画中止を表明した。運転中に二酸化炭素をほとんど排出せず、地球温暖化対策の切り札として近年、再び脚光を浴びた原子力発電だが、再び「冬の時代」に逆戻りするとの観測も出始めている。…。

 ドイツでは、25万人ものデモがおこっている。

 しかし、復興のほうは、どうなっているのだろうか。これも、どうもでてこないなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 3年B組 金八先生ファイナル | トップページ | 被災3県30万戸空き家 市民団体「すべて公表を」 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/51234834

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第1原発:事故の影響 世界で広がる見直し:

« 3年B組 金八先生ファイナル | トップページ | 被災3県30万戸空き家 市民団体「すべて公表を」 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31