« 無保険で受診遅れ、71人死亡 「制度崩壊」と民医連 | トップページ | 定数・歳費減 覚悟は? 首相「6月に具体案」 »

2011/03/03

自殺、13年連続3万人超 「就職失敗」原因2.4倍

 二日酔いというほどではないけど。さすがにちょっとしんどいです(苦笑)。朝から、いろいろな仕事。
 さて。

自殺、13年連続3万人超 「就職失敗」原因2.4倍(中日新聞)

◆リーマンショック前比較
 警察庁は3日、昨年1年間に全国で自殺した3万1690人の年代や職業、原因・動機別の統計を発表した。総数は前年比で1155人(3・5%)減ったが、1998年から13年連続で3万人を超えた。
 原因・動機のうち「就職失敗」はリーマン・ショック前の2007年の2・4倍に増え、424人。20代が153人で約4割を占めた。20代は勤務問題にくくられる「仕事の失敗」や「職場の人間関係」でも前年より増加した。
 自殺の原因・動機が判明したのは、全体の74%の2万3572人。うつ病や体の病気など「健康問題」が1万5802人(前年比65人減)。
 生活苦や負債などの「経済・生活問題」は7438人(同939人減)で1割以上減った。一方で、親子、夫婦の不和など「家庭問題」は4497人(同380人増)で1割近く増えた。…

 警察庁のHPには概要が載せられている。
 統計そのものが、必ずしも実態をすべて反映しているわけではないし、家庭問題といっても家族間の葛藤がなぜ生まれるかを考えると、本質的な問題がどこになるのかはなかなか判断がつかない。ただ、雇用をめぐる問題は、どうもいっそう深刻になっていることは事実なようだ。

 もう1つ注目したのは、去年までの数字をあまり注目したことはなかったけれども教員の自殺の146人という数。09年が144人、07年が125人、06年が78人、05年が87人、04年が83人だそうだ。傾向的には増加というか倍加に近い状況になっているようだ。しかも、これは精査してみる必要があるのだろうけれども、原因には直感的には、職場の問題というのが多そうだ。もともと、どこまでを教員としてあつかっているのか? データの取り方もよくわからなのだけれども、かなり気になる数字である。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 無保険で受診遅れ、71人死亡 「制度崩壊」と民医連 | トップページ | 定数・歳費減 覚悟は? 首相「6月に具体案」 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/51024492

この記事へのトラックバック一覧です: 自殺、13年連続3万人超 「就職失敗」原因2.4倍:

« 無保険で受診遅れ、71人死亡 「制度崩壊」と民医連 | トップページ | 定数・歳費減 覚悟は? 首相「6月に具体案」 »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30