« 採用数は減少?選考時期はどうなる? | トップページ | 福島の野菜農家が自殺 摂取制限指示に「もうだめだ」 »

2011/03/30

共産党志位氏、福島原発「政府は危機収束の戦略と見通しを示すべきだ」

 なぜか、なるほどというデータが、外国の市民団体や研究機関からのわかりやすいデータがいっぱい出てくる。これは一体何なんだろうなあ。

 たとえば、米エネルギー環境研究所のこれ
 ノルウェー大気研究所のシミュレーションは、向こう数日間の福島原発からの放射能雲(ヨウ素131)がどう拡散するかを予測している。
 これって、どういうことだろう。

 さて、こんな記事もあった。

共産党志位氏、福島原発「政府は危機収束の戦略と見通しを示すべきだ」(産経新聞)

 共産党の志位和夫委員長は29日午後、国会内で記者会見し、福島第1原発事故に対する政府対応について「どういう戦略で原発の危機を収束させようとしているか。大まかな戦略とだいたいの収束の見通しを示すべきだ。避難生活が何カ月なのか、何年になるのか。現地では、それすら分からない状況だ」と訴えた。
 志位氏は記者会見に先立ち、国会内で藤井裕久首相補佐官と会い、原発事故への政府対応の改善を求める菅直人首相あての申し入れ書を提出した。
 文書は「原発施設外の放射能汚染のデータを、被災自治体と住民に、正確に速やかに継続的に届ける措置が必要だ」と指摘。福島第1原発から20キロ-30キロの住民に対し、「屋内退避」を求めた上で「自主退避」を促す政府の措置について、「避難指示を出さないのであれば、人の自由な往来と物資を被災者の元に確実に届けることを保障すべきだ。どっちつかずの対応は現場に多くの矛盾を押しつける」と政府の対応を批判した。

 ボクも、いったい政府と東電は何をどうしようとしているのか。その根拠となるデータは何なのか。はっきり示してほしいと思う。

 サッカーのチャリティマッチ。ボクは用事があって、見られなかったけれども、ここでカズか。あの年で動ける身体をつくる精進をしているというのが驚異的だと思う。それは十分人を感動させる。ボクは甘ったるいなと、反省もさせられるなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 採用数は減少?選考時期はどうなる? | トップページ | 福島の野菜農家が自殺 摂取制限指示に「もうだめだ」 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/51251011

この記事へのトラックバック一覧です: 共産党志位氏、福島原発「政府は危機収束の戦略と見通しを示すべきだ」:

« 採用数は減少?選考時期はどうなる? | トップページ | 福島の野菜農家が自殺 摂取制限指示に「もうだめだ」 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30