« 被害の全容を直視すること | トップページ | 不眠不休で使命感貫く 県立高田病院の佐藤副院長 »

2011/03/19

【福島原発】フォトジャーナリストが緊急現地報告

 フォトジャーナリストの森住さんと豊田さんが、福島での取材報告を、ネット放送でおこなっている。
http://www.ourplanet-tv.org/
 やっぱり生々しい。

 森住さんは、大手メディアの報道では内部被曝問題への認識が弱いと批判する。
 沢田昭二先生が、この点でのQ&Aをつくっている。「q.doc」をダウンロード
 
 矢ヶ崎先生も、次のような文章を書いている。「genpatu.pdf」をダウンロード

 いまは、まず、冷却の作業が何とか成功することを祈るしかないのかなあ。はたして、ポンプは動くのか。次はどのような対策が必要なのか。
 そして、被害を少しでの減らすために、とにかくできることをする、その知恵と力を結集すべきだろうと思う。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 被害の全容を直視すること | トップページ | 不眠不休で使命感貫く 県立高田病院の佐藤副院長 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

放射線被害のため、避難命令が出たようだが、避難した事で老人の死亡者がでた由、
放射線被害は時間がかかります。避難で死んだという事は寿命を縮めた事になります。
高齢者には、避難命令を出すべきではないと思います。

              82歳男性

結局、この国の政府は、重大な原発事故を想定した具体的な対処方針をもっていなかった、そのぐらい「安全神話」にとらわれていたいうことなんですよね。お年寄りの支援の方法もちゃんとすべきだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/51164789

この記事へのトラックバック一覧です: 【福島原発】フォトジャーナリストが緊急現地報告:

« 被害の全容を直視すること | トップページ | 不眠不休で使命感貫く 県立高田病院の佐藤副院長 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31