« 放射性物質、初の拡散試算…原子力安全委 | トップページ | 就活とブラック企業 現代の若者の働きかた事情 »

2011/03/24

それでも生きていくために

 佐藤慧さんが、陸前高田から東京に帰ってきて、ブログで、かの地のことを写真と共に報告している
 それは、とても心に滲みる。

 ボクは昨日、震災の地から戻ってきた人の話をきいた。現場を歩き、瓦礫の中に、佐藤さんの写真にもあるように、やはり、アルバムなどを見つけるという。たしかに、そこには、ついこの間まで、普通の日常の生活があった…。
 そして、数々の遺体に遭遇する。

 陸前高田でも、いまだ1万の安否不明の人々がいるという。

 それでも、ボクらは、この現実を直視して、前を向いて生きていかなければならない。目の前で助けられなかったことに、後悔と自責に悩む人を励ましながら。

 ブログを読みながら、やっぱり泣けてくる…。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 放射性物質、初の拡散試算…原子力安全委 | トップページ | 就活とブラック企業 現代の若者の働きかた事情 »

日記」カテゴリの記事

コメント

読みました。

彼、まだ20代だよ。若い人に励まされます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/51201310

この記事へのトラックバック一覧です: それでも生きていくために:

« 放射性物質、初の拡散試算…原子力安全委 | トップページ | 就活とブラック企業 現代の若者の働きかた事情 »

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31