« 公立小中教員:「非正規」最多の15%に 人件費抑制で | トップページ | メア発言 その後 »

2011/03/08

食べ物やごみ放置…セルフネグレクトの高齢者1500人

 朝日の記事からクリップ。無縁社会と言われる中で、よく考えなければいけない問題の1つだろう。

食べ物やごみ放置…セルフネグレクトの高齢者1500人(朝日新聞)

 医療や食事を拒み、食べ物やごみを放置――。健康や安全を自ら損なう「セルフネグレクト」(自己放任)と呼ばれる状態の高齢者が、2008年度に全国で1528人確認された。放置すると孤独死や「ごみ屋敷」につながりかねないが、対処が難しく、医療・福祉の課題になっている。全国調査は初めて。
 岸恵美子帝京大教授(地域看護学)らの研究グループが09年12月~10年1月、地域介護の拠点である全国の地域包括支援センター4038カ所に調査票を送り、1046カ所(26%)から回答を得た。
 生活上当然すべき行為をせず、安全や健康が脅かされる状態をセルフネグレクトと定義し、65歳以上の人のケースを尋ねたところ、499カ所のセンターで計1528人だった。ホームレスは除いた。
 詳しく書かれた846人を分析すると、男女ほぼ同数、80~84歳が26%と最も多い。68%が一人暮らしだが、21%は家族と同居。56%は介護保険の要介護認定を申請していない。経済状態に「余裕がある」「ややある」が計31%。20%が精神疾患、44%が糖尿病や高血圧など慢性の病気があった。
 センターの保健師や看護師らは通常、問題に気付けば医療や介護を受けるよう勧めるが、「放っておいて」と拒まれることが少なくない。調査でも、「支援がとても困難」というケースが42%に達し、「本人が拒む」という理由が47%で最も多かった。……

 ボクも、セルフネグレクトについて調査・研究している人から話を聞いたことがあるけれど、孤立化の裏側にある問題なのだと思う。生活意欲が減退していくことが、いっそうの孤立化を招く。それはたんに1人ぐらしだけではなく、高齢者世帯そのものを襲っている。一方で、孤立し、困難をかかえた家庭では高齢者だけでない課題でもあると思う。たとえば障害者、たとえば虐待……。本人が支援を拒むということの率の高さを見る必要がある。
 とても難しい問題だからこそ、安易な制度いじりではなく、こういう支援の必要なところに支援がとどくような制度と政策、それをささえるようなネットワークづくりをすすめる必要があるのだと痛感するのだけれども。くわしい調査結果が読みたいものでもある。

« 公立小中教員:「非正規」最多の15%に 人件費抑制で | トップページ | メア発言 その後 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/51068022

この記事へのトラックバック一覧です: 食べ物やごみ放置…セルフネグレクトの高齢者1500人:

« 公立小中教員:「非正規」最多の15%に 人件費抑制で | トップページ | メア発言 その後 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30