« これこそ閉塞的議論だ――消費増税は不可避=労使4団体からヒアリング-集中検討会議 | トップページ | 深く掘れ 己の胸中の泉 沖縄学のまなざし »

2011/02/19

「差別なくそう」 奄美・朝日小5年生がハンセン病題材に劇

 地方紙を読んでいると、こういうことも大事やなあという記事に出くわす。そんなときは、少し、ホッとするなあ。

「差別なくそう」 奄美・朝日小5年生がハンセン病題材に劇(南日本新聞)

 奄美市名瀬の朝日小学校の5年生児童が学習発表会で、ハンセン病を題材にした創作劇を演じた。校区内にある国立療養所「奄美和光園」を訪れた児童らの経験をもとにした劇で、「今の社会に残るさまざまな差別やいじめをなくそう」と呼び掛けた。
 5年生約100人は昨年7月、総合学習の時間を利用して和光園を訪問。園内の施設を見学したほか、酒本喜與志園長からハンセン病や隔離政策の歴史を学んだ。児童が学習発表会で劇として発表したいと提案し、永田大輔教諭らがシナリオを作った。
 学習発表会は10日あり、児童らは和光園を訪問したときの様子や、患者が家族から引き離される場面などを再現。「今も身近に人種や性別などによる偏見や差別がある。相手を思いやるやさしい気持ちを持とう」と訴えた。…

 友だちに、元ハンセン病患者の聞き取り調査などをすすめている人がいる。その人の話を数カ月前に聞いたときも、ほんとうに、この問題は、しっかり向き合わなければいけない問題だと痛感させられる(そういう聞き取りの調査が、ちゃんとした形として、社会に発信されることも願っている)。何よりも、基本法がつくられたにもかかわらず、いまなお、差別は解決せず、むしろ放置されているのだから。
 だからこそ、ちょっと、すごいなあ、大事だなあなどと思った記事だった。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« これこそ閉塞的議論だ――消費増税は不可避=労使4団体からヒアリング-集中検討会議 | トップページ | 深く掘れ 己の胸中の泉 沖縄学のまなざし »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/50917140

この記事へのトラックバック一覧です: 「差別なくそう」 奄美・朝日小5年生がハンセン病題材に劇:

« これこそ閉塞的議論だ――消費増税は不可避=労使4団体からヒアリング-集中検討会議 | トップページ | 深く掘れ 己の胸中の泉 沖縄学のまなざし »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31