« 自衛隊の国際平和協力活動後押し 米が国家軍事戦略発表 | トップページ | 実弾射撃 夜間・小火器が常態化 »

2011/02/10

米、憲法9条は防衛協力の障害 日米同盟で議会報告書

 今日は、午前中は会議、午後からはインタビュー整理。あとは、発注の相談を、メールであれこれ。あんまし、気持ちが乗らないので、夜は、相方と食事。それから、地域の人と少し相談ごと。そうこうしていると、二男がなぜか突然、帰ってきた。あれ?

日米防衛 9条が障害 米議会調査局 改憲の期待示唆(沖縄タイムス)

 米議会調査局が昨年10月にまとめた報告書「日米関係=米議会にとっての諸課題」で、日本の憲法9条と集団的自衛権の行使の否定が日米共同防衛の障害となっていると指摘していることが分かった。
 民主党代表選後に発行された同報告書は、当時の日本の政治情勢や経済など7分野の状況や問題点を分析。軍事関係の分野では米軍普天間飛行場の移設問題など5項目と並び「憲法9条の制約」と題し、「米国が起草した日本の憲法は、第9条の現行解釈が日本に『集団的自衛』への関与を禁じているため、より緊密な日米防衛協力への障害となっている」と指摘している。
 「集団的自衛」について、「第三国に対する米国との戦闘協力」と定義付けた上で、「憲法9条は日本の『国権の発動』としての戦争を違法とみなし、『交戦権』を禁止している」と憲法9条が日米間のより緊密な防衛協力の障害となっていると論じている。
 その上で「かつて日本の世論は自衛隊に対する憲法上の制限を強く支持していたが、そうした意見は近年になってかなり弱まったものの、憲法9条の改正については現政権内でも意見が分かれており、近い将来に改憲論議が始まる見通しは少ない」と予測。「1991年以降、日本は自衛隊が非戦闘

地域における国連治安維持活動やイラクにおける米国主導の人道復興支援活動への参加は認めている」とした。…

 こうした報告書は、議員への影響力が強いそうだ。そういえば、昨年春にも議会事務局は、同趣旨の報告書を出しているし、国防総省か米軍の高官がたぶん昨年末に、そのような発言をしてたっけ。

 共同通信は、こう報じる。

米、憲法9条は防衛協力の障害 日米同盟で議会報告書(共同通信)

 米議会付属の議会調査局が今年1月にまとめた日米同盟に関する最新報告書で、戦争放棄をうたった憲法9条に基づき、集団的自衛権は行使できないとする日本政府の解釈が、より強固な日米の防衛協力を進める上で障害になっているとの見方をあらためて強調していたことが10日分かった。
 米政府は、北朝鮮の核搭載ミサイルが5年以内に米本土への「直接の脅威になる」(ゲーツ国防長官)と警戒している。報告書はミサイル発射などの可能性を念頭に、米国が攻撃を受ける局面でも日本は何の対応もできないと懸念を示した。
 報告書は「憲法と法的な制約」と題した項目で、日本側の幾つかの法的要因が日米協力の足かせになっていると指摘。最も根本的な問題は「戦後の占領期に米国が起草し、『国権の発動』としての戦争を放棄して『交戦権』を禁じた日本国憲法9条だ」とした。
 さらに自国と密接な関係にある国が武力攻撃を受けた場合、自国が直接攻撃されていなくても実力で阻止できる集団的自衛権についても、日本政府が行使できないと解釈していることが「密接な防衛協力にとって障害」と問題視した。

 これが最新かな。これらの報告書の関係というのがどのようなものかはよくわからないけど。だけど、この間の動きをみても、アジア・太平洋地域において、日米のよりいっそうの軍事一体化を要請する強い動きがあり、それが、明文改憲、解釈改憲も含めて、強い圧力として存在することは事実なのだと思う。
 NHKの報道では、「新しい防衛大綱で示された離島の防衛態勢の強化に向けて、陸上自衛隊は、アメリカ西海岸で、アメリカ海兵隊とともに海からの上陸作戦を想定した日米共同訓練を10日から行っています。
訓練を行っているのは、南西諸島など離島の防衛のために平成14年に設置された陸上自衛隊・西部方面普通科連隊と、アメリカ海兵隊の第1海兵機動展開部隊です。訓練は、アメリカ西海岸のサンディエゴにある海兵隊の基地で、現地時間の9日(日本時間の10日)から始まり、その一部が公開されました。10日に行われたのは、「LCAC(エルキャック)」と呼ばれるアメリカ海軍のエアクッション揚陸艇を使って上陸する訓練で、LCACには、陸上自衛隊の隊員およそ40人と指導に当たるアメリカ海兵隊員が乗り組みました。…」というのだから。
 さまざまな矛盾や、さまざまな要素を内包しながらの日米同盟の深化の側面である。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 自衛隊の国際平和協力活動後押し 米が国家軍事戦略発表 | トップページ | 実弾射撃 夜間・小火器が常態化 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/50833325

この記事へのトラックバック一覧です: 米、憲法9条は防衛協力の障害 日米同盟で議会報告書:

« 自衛隊の国際平和協力活動後押し 米が国家軍事戦略発表 | トップページ | 実弾射撃 夜間・小火器が常態化 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31