« 無縁社会 新たな“つながり”を求めて | トップページ | 日本のこれから×無援社会 働く世代の孤立をふせげ »

2011/02/12

生活保護改定の動きに現場からの提言

 ところが重大事態も。

生活保護改定の動きに現場からの提言(ourplanet)

 厳しい経済環境が続く中、生活保護受給者が増えている。去年11月、生活保護の受給世帯数が142世帯を上り、過去最多となった。そんな中、厚生労働省は、生活保護受給者の増加に歯止めをかけようと、生活保護法の改定案を今国会に提出することを検討している。
 今回、政府が改定に動いている背景には、去年10月、全国の指定都市の市長でつくる「指定都市市長会」が、生活保護の増加によって地方の財政負担が増しているとして、国に対して、生活保護制度の抜本改正を求める提言を行ったことがある。提言には、生活保護を期限付きにすることや、医療費の一部を自己負担する制度の導入などが挙げられている。…

 ぜひ、見てください。そして、広げてください。声をあげなければ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 無縁社会 新たな“つながり”を求めて | トップページ | 日本のこれから×無援社会 働く世代の孤立をふせげ »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/50843690

この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護改定の動きに現場からの提言:

« 無縁社会 新たな“つながり”を求めて | トップページ | 日本のこれから×無援社会 働く世代の孤立をふせげ »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31