« 「就職支援」で大学評価する20代 49.9% | トップページ | TPPは日米同盟強化 日米シンクタンク 昨秋に共同提言 »

2011/02/03

舛添氏「何のための政権交代」 検討会議の顔ぶれを批判

 今日は、会議があり、それから、届いた原稿についてやりとりをしたりする。先の発注のための資料を読んだり。どうも活字を眺めはじめると眠くなる(だれかも言っていたなあ)。調子があがらない。なかなかエンジン全開というわけではないけれどもね。なかなか、先が見えないなあ。

舛添氏「何のための政権交代」 検討会議の顔ぶれを批判(朝日新聞)

 新党改革の舛添要一代表は3日の記者会見で、政府・与党社会保障改革検討本部に設置された「集中検討会議」のメンバーについて、「私が厚生労働相をした時とほとんど同じ。何のための政権交代だったのか、と感じざるを得ない」と批判した。
 会議メンバー10人のうち6人は福田、麻生内閣で社会保障改革を議論した会議に名を連ねていた。舛添氏は自民党を離党してから民主党との協力を探ってきたが、1月の内閣改造以降は政権批判を強めている。

 集中検討会議なるもののメンバーは、これ。舛添さんの言っていることはたしかにそうで、当時の座長の吉川さんをはじめ、メンバーは重なっている。おまけに、小泉内閣をひきついだ、安倍内閣(つまり2200億円の削減をすすめた)の厚生労働大臣の柳澤伯夫まで取り込むやりかた。まあ、見事に、菅さんの社会保障改革なるものが何をめざそうとしているのか、見えてきてしまうのじゃないかなあ。どうも、これはちょっと考え込んでしまうというものだ。政権交代は何のためにあったのかというのは舛添さんにはあまり言われたくはないが、そうだよなあ。小泉「構造改革」についてはどう見ているのですかって聞いてみたくなるよなあ。ほんと、暗澹たる気分で、推移を見なきゃいけないんだろうなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 「就職支援」で大学評価する20代 49.9% | トップページ | TPPは日米同盟強化 日米シンクタンク 昨秋に共同提言 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/50769564

この記事へのトラックバック一覧です: 舛添氏「何のための政権交代」 検討会議の顔ぶれを批判:

« 「就職支援」で大学評価する20代 49.9% | トップページ | TPPは日米同盟強化 日米シンクタンク 昨秋に共同提言 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30