« 新「共通戦略目標」策定 日米外相会談 | トップページ | 奨学金貸与基準、厳格化へ 文科省、両親の年収を合計 »

2011/01/08

教員の1割、残業が過労死ライン 月80時間超、愛知県

 引き続き腰痛。だから、今日は早めに仕事から帰ってきた。それでも、冷たい?息子たちの夕食をつくって、後片付けをしてね(苦笑)。さて。

教員の1割、残業が過労死ライン 月80時間超、愛知県(朝日新聞)

 愛知県教育委員会が2010年4~6月に県立学校で勤める教員約1万1千人の勤務時間を調べたところ、国が過労死の危険ラインとする月80時間超の残業をしていた教員が3カ月の平均で13%に上っていたことがわかった。同県教委が全教員を対象に勤務時間を調べ、残業時間の割合を把握したのは初めて。
 調査対象は、県立高校151校と特別支援学校27校(分校含む)の計178校に勤務する教員約1万1千人。
 その結果、残業時間が80時間超だった教員の割合は、4月15.6%、5月11.5%、6月12.0%。新年度を迎えた4月が高かった。最も超過時間の割合が高かった県立高校では、教員のほぼ半数が月80時間を超えていた。
 残業時間は09年度も調べたが、集計方法は学校に任せていた。10年度からは県教委による統一の書式で全教員に記入させたため、09年度に把握した人数より5倍近く増えた。10年夏以降の調査結果も集計を進めている。…

 実際には持ち帰り仕事なども多いし、実態はもっとひどいものがあるのだと思う。
 だけで、関心というか、問題は、多くの人がそこのことについて、疑問をもったり怒りを共有したりしないことだ。先日も、国家公務員の問題で同じようなニュースがあったけど、ネットへの書き込みは、甘えるなというものが多数だったというのを読んだような。
 日航の問題も、今日、140人が提訴したというが、ちょっと質は違うかもしれないけれども、明白な、4用件違反と、思想差別とも言えるような事態がすすんでいるにもかかわらず、世論的にはどうか。事実が知られていないということと同時に、やっぱり、働くものの問題が個別化され、分断されているということを感じる。では、どうすれば、つなげるのか。そのこと事態も大きな課題なのだろうか。
 まずは、おかしいことをおかしいと言う感覚、感性、勇気をボクら自体が失わないこと。それが何よりも重要なのだと思う。そのうえで、つなぐことば、説得力ある言葉で語るということ。さあ、教員のこの実態を、どう、多くのしんどさを抱えて生きる人に語り、つないでいくのか。仕事だ仕事!

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 新「共通戦略目標」策定 日米外相会談 | トップページ | 奨学金貸与基準、厳格化へ 文科省、両親の年収を合計 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/50531218

この記事へのトラックバック一覧です: 教員の1割、残業が過労死ライン 月80時間超、愛知県:

« 新「共通戦略目標」策定 日米外相会談 | トップページ | 奨学金貸与基準、厳格化へ 文科省、両親の年収を合計 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31