« ルポ 若者ホームレス | トップページ | 貧困・格差の広がりのなかでの修学進路保障 »

2011/01/29

権利としての高校教育の創造~いま、何が求められているか

 今日(もう昨日だな)は、夕方から表題の日高教の高校教育シンポジウムに参加するために、静岡へ。

Img00203201101281831 今日の表題のメインのシンポのパネラーは、宮本みち子さんをはじめ、埼玉の伊藤先生、そして名古屋大学の植田さん。
 ちゃんと、ブログにアップしたほうがいいのだろうけれども、内容が多岐にわたって、おもしろくって。小中の学力問題などいろいろあるじゃん。だけど、こういう時代になって、教育の出口がよくわからなくなっているもとで、ちゃんと出口から教育って何のためにあるのかを考えないとだめじゃないかというのが、ボクのこの間の問題意識。ほとんど、ぴったし。宮本さんの教育と社会の接続、植田さんの高等教育と高校の接続、そして伊藤さんの現場での悩み。もちろん、答えはなかなか難しいけど、すごく考える材料をもらった感じ。ちゃんとした、内容で、ブログにもアップすべきだな。目標は2月中旬。ちょっと、しっかりしたものをアップするのが今年の目標だしね。


« ルポ 若者ホームレス | トップページ | 貧困・格差の広がりのなかでの修学進路保障 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/50713254

この記事へのトラックバック一覧です: 権利としての高校教育の創造~いま、何が求められているか:

« ルポ 若者ホームレス | トップページ | 貧困・格差の広がりのなかでの修学進路保障 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30