« 権利としての高校教育の創造~いま、何が求められているか | トップページ | 長男の引っ越し そして 家の模様替え »

2011/01/29

貧困・格差の広がりのなかでの修学進路保障

 高校シンポ2日目。3日目もあるのに、アジア杯みなくっちゃいけない。どうしよう(苦笑)。

 シンポの2日目は、表題の(正確ではないですよね)分科会に。定時制高校生の生の姿。貧困と傷つき。そして、その高校生の成長や自立をどう支援するのか。高校教育をどう再定義していくのか、というか若者の成長と自立へ教育は何のためにあるのかを、たくさんの考える材料をもらった感じ。まだ消化しきれないけどね。
 その後、思春期教育、職業教育を研究している人と飲みながら、ひとしきりいろいろな刺激と材料をもらう。これも、まだまだ消化しきれない。それから、20代の先生から少し話を聞いて、これもなかなか、学ばされた。
 たくさんの刺激と材料。さて、どうするのか。

« 権利としての高校教育の創造~いま、何が求められているか | トップページ | 長男の引っ越し そして 家の模様替え »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/50722366

この記事へのトラックバック一覧です: 貧困・格差の広がりのなかでの修学進路保障:

« 権利としての高校教育の創造~いま、何が求められているか | トップページ | 長男の引っ越し そして 家の模様替え »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31