« HY――時をこえ | トップページ | 海域に漁船数十隻 米軍区域外訓練 »

2011/01/05

消費税、TPPで決断と実行を=菅政権に「合格点」-経済3団体

 ここ数カ月、ちょっと仕事量がオーバーワーク気味だったけど、ここに来て少し落ち着きそうだけどね。だからこそ、ちゃんと勉強して、いろいろ考えて、いろいろ議論するというような日々を過ごしたいなあ。まずは、たまった読まなきゃならない本をしっかり読みこなすことだなあ。自分が考えなきゃいけない問題に、ちゃんと向かっていかないといけないなあ。

 今日は、講演原稿に手をいれはじめ、到達は半分。それから、発注、会議、それから執筆者との打ち合わせなどなど。

 さて、ニュースではやっぱりこれかなあ。

消費税、TPPで決断と実行を=菅政権に「合格点」-経済3団体(時事通信)

 日本経団連、日本商工会議所、経済同友会の経済3団体トップが5日、都内のホテルで年頭記者会見を行った。菅直人首相が4日、消費税増税を含む税制改革の方向性や環太平洋連携協定(TPP)への参加の判断時期を「6月ごろ」と改めて言明したことに関連し、3団体首脳は「決断し、実行あるのみだ」(桜井正光同友会代表幹事)などと述べ、重要課題での首相の指導力発揮に期待感を示した。
 昨年6月に発足した菅内閣への評価は、「合格点」(米倉弘昌経団連会長)「まあ60点」(岡村正日商会頭)「いろいろあるけど50点」(桜井代表幹事)と、まずまず。米倉会長は「毎年、首相が変わるようではいけない」と指摘、国政の重要問題に落ち着いて取り組むため現政権を支持する考えを改めて明確にした。

 政権はゆきずまっているけど、財界は必ずしも、菅政権を見放しているわけではない。これは何を意味するのか。鳩山時代には、なかなか意思疎通ができなかった政権と財界。その打開を財界はすすめる。これは、政治に対する財界の強いメッセージだと。財界は政治に何を求めるのか。
 そのメッセージに応えることで、政権の維持を図ろうというのが、菅政権の基本的なスタンスなのかなあ。

首相「消費増税論議は不可避」 経済3団体・新年会で(共同通信)

 菅直人首相は5日午後、都内で開かれた日本経団連など経済3団体の新年会であいさつし、消費税率引き上げを含む税制改革について「誰が政権を担おうと、この問題は避けられない。時間を待たずに与野党で議論を始められるよう野党にも協力いただきたい」と述べ、早期に与野党協議入りする必要性を強調した。…

 それで、法人税減税ですか。賃上げや雇用の安定を拒み、内部留保と配当に向かう大企業に…。
 ここまでの姿勢をあらわにする菅内閣は、小沢切りで、難局打開を狙うが、はたして国会はどうなるのだろうか? うーん。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« HY――時をこえ | トップページ | 海域に漁船数十隻 米軍区域外訓練 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/50504720

この記事へのトラックバック一覧です: 消費税、TPPで決断と実行を=菅政権に「合格点」-経済3団体:

» 小沢一郎の全てが解る。真実を知る為に国民必見です。 [★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★]
BS11 INsideOUT 提言!小沢一郎 どこへ行く日本 (1-5) BS1 [続きを読む]

« HY――時をこえ | トップページ | 海域に漁船数十隻 米軍区域外訓練 »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31