« 保育所での死亡児童、年12人 昼寝中の突然死など | トップページ | 雇用を生み出せない農村に救いの手はあるか 農業に携わる30代男性のケース »

2011/01/11

東大院生も3割、就職難 学生生活実態調査

 これはこれで、考えさせられるデータである。

東大院生も3割、就職難 学生生活実態調査(朝日新聞)

 留学希望は減り、就職難の影響も受けています――。東京大学の大学院生も最近の傾向と変わらない状況にあることが、東大がまとめた学生生活実態調査でわかった。
 調査は2009年、大学院生2675人を対象に実施(回収率49.9%)。院生の調査は04年以来5年ぶりだった。
 大学院に入学してからの海外留学経験は、6.5%の院生が「ある」と答え、前回04年調査時の3.7%から増加した。しかし、機会があれば留学を希望するという回答は59.5%と前回61.2%を下回り、前々回(1999年調査)の65%からは5ポイント以上の減少となった。
 また就職の見通しについて、「かなり厳しい」「見通しがたたない」が36.3%で、前回36.1%から微増。文系に限れば、52.9%と半数以上が就職難の波を受けている。高年齢になるにつれ、明るい展望を抱く割合が減っていたという。

 調査そのものがかなり膨大なもので、ちゃんと読みこなさなければいけないでしょうね。実物がこれ。
 ただ、現状では、大学院生の不安定さは浮き彫りにはなっている。これは東大でも同じだ。今時の学生は外国に留学を希望しないと批判的に言われるけれども、そういう不安定さのなかで、研究者としての養成の時期をよく見ておく必要がある。
 何が変わらなければいけないのか? 少なくとも有能な人材を、そこに資源も投資されていた人材を活用できない現状は、緊急に解決する必要がある。榎木さんの新書『博士漂流時代 「余った博士」はどうなるか?』を、早く読まなくっちゃ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 保育所での死亡児童、年12人 昼寝中の突然死など | トップページ | 雇用を生み出せない農村に救いの手はあるか 農業に携わる30代男性のケース »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/50561740

この記事へのトラックバック一覧です: 東大院生も3割、就職難 学生生活実態調査:

« 保育所での死亡児童、年12人 昼寝中の突然死など | トップページ | 雇用を生み出せない農村に救いの手はあるか 農業に携わる30代男性のケース »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30