« 教員の1割、残業が過労死ライン 月80時間超、愛知県 | トップページ | 日本人はなぜ戦争へと向かったのか 第1回“外交敗戦”孤立への道 »

2011/01/08

奨学金貸与基準、厳格化へ 文科省、両親の年収を合計

 ちょっとこの記事。

奨学金貸与基準、厳格化へ 文科省、両親の年収を合計(朝日新聞)

 文部科学省は、日本学生支援機構による大学生らへの奨学金事業について、新年度から貸与基準を厳しくする方針を決めた。貸与の判断材料になる学生の家庭の年収を、両親の合計で把握する。不景気で奨学金の希望者が増えるなか、経済的に困っている学生を正確に選び、支援する考えだ。
 学生支援機構の奨学金は無利子の第一種と、有利子(上限年3%)の第二種がある。貸与を決める際は学校での成績のほか、年収998万円以下(無利子奨学金で、私立大に通う4人世帯の大学生の目安)といった家計基準を満たしているかどうかをみることになる。基本的に自己申告だが、年収を証明する書類の提出が必要になる。
 この家計基準はかつては、世帯全体の収入の合計が対象だったが、貸与規模を拡大した1999年度、手続きを簡素化するために対象を「主たる家計支持者」の収入に限定。基本的に父母どちらか1人の収入が基準になっていたが、共働き世帯が増加しており、家計の収入状況を正確に把握できないと指摘されていた。
 年収が基準を超えないよう、父母のうち収入が低い方を「主たる家計支持者」と指定する不適切な申請もあることから、11年度から第一、二種ともに共働きの場合は父母2人の収入の合計を基準にするよう制度を変更し、それぞれの年収を証明する書類の提出が義務づけられる。…

 一昨年、下のことのときは、2人ともの収入証明が必要だったけどなあ。どういうこっちゃろ。2人の収入を書いて、細かい証明は1人だったのかなあ。大学によるのかなあ。
 そもそも、こういう基準が実態にあっているのかも疑問。高学費がとどまるところを知らない。一定の収入があったり、共働きをしていても、たいぶ無理のある水準に達している。低所得者への支援が必要なのは異論はないけれども、一般的な家庭そのものが、かなり困難を背負う実状があるのをどうするかも、そろそろ考えた方がいいのではないかなあ。
 奨学金も、ここ数年かなり借りにくくなっている印象。二男の大学は学費が高いこともあるけれども、見事にはねられたしなあ。
 根本的な対策に踏み出していかないと、大変なことになるような気がするけどねえ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 教員の1割、残業が過労死ライン 月80時間超、愛知県 | トップページ | 日本人はなぜ戦争へと向かったのか 第1回“外交敗戦”孤立への道 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/50531262

この記事へのトラックバック一覧です: 奨学金貸与基準、厳格化へ 文科省、両親の年収を合計:

« 教員の1割、残業が過労死ライン 月80時間超、愛知県 | トップページ | 日本人はなぜ戦争へと向かったのか 第1回“外交敗戦”孤立への道 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31