« なぜ、家計は貧しくなったか | トップページ | 名護市が拒否 防衛局の辺野古現況調査 »

2010/12/01

給食費滞納、公立小中学校の過半数で 総額推計26億円

給食費滞納、公立小中学校の過半数で 総額推計26億円(朝日新聞)

 全国の公立小中学校の過半数に給食費を滞納している子どもがいることが、文部科学省の推計でわかった。2009年度の滞納状況を調べたところ、滞納者は児童生徒全体の1.2%、滞納額は26億円に上る計算で、率、額とも05年度の前回調査より悪化。経済的な理由での滞納が増え、不況の影響がうかがえる。
 文科省が全国の公立小中学校2万9千校のうち610校を抽出、09年度の1年間に、ひと月でも滞納があった子の人数を調べた。調査方式が違うため厳密に比較できないが、全校を対象とした05年度の調査と比べて傾向をみた。
 すると、滞納者がいる学校は55.4%で、11.8ポイント悪化。学校現場は「滞納者がいて当たり前」の状況にある。
 また、児童生徒に占める滞納者の割合は1.2%で、やはり0.2ポイント増えた。滞納額は全国で推計26億円。05年度は22億円だった。

 まだHPにはアップされていません。ただ、報道によると調査からは、滞納の理由が「保護者の経済的な問題」が約10ポイント上がって43.7%に及んだのに対して、「保護者としての責任感や規範意識の問題」は、前回の60%から53.4%に減ったという。実感的にも、かつてよりは、ひどい親バッシングは減ったようにも思う。それは、やっぱり、実態がいっそう深刻になっていることの反映なのだと思う。それでも、まだ規範意識にもとめる比率は高い(学校側の意識なのだと思うけど)。
 経済困難に対する制度の社会的支援の国民的な議論もまだまだ課題が多いと言うことか。就学援助で、給食費は支給される。この制度がどこまで活用されて言うかという問題もあるし、その基準そのものが実態にあわなくなっているという問題もある。この制度の改善の議論も必要だし、そもそも給食はどうあるべきかという問題もある。いろんな人に意見を聞いても、貧困の運動にかかわるような場にいる人でも、この問題は、その答えは一様ではない。社会がどうあるべきか、政治は何をすべきか。もっともっと議論と合意が必要だと言うことか。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« なぜ、家計は貧しくなったか | トップページ | 名護市が拒否 防衛局の辺野古現況調査 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/50186046

この記事へのトラックバック一覧です: 給食費滞納、公立小中学校の過半数で 総額推計26億円:

« なぜ、家計は貧しくなったか | トップページ | 名護市が拒否 防衛局の辺野古現況調査 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31