« やっぱ、おかしい日本のシューカツ!? 学生がホンネで語ろう! 就活シンポ | トップページ | 障害者の自宅介護、9割が親頼み 支える側の高齢化深刻 »

2010/12/05

日米共同演習、朝から戦闘機訓練 空自F15トラブル

 北朝鮮問題の影響ももろにうけながらの日米共同演習。知事選の結果を鼻で笑っているのか?
 冷静に考えても、北朝鮮への具体的な抑止力というより、使い勝手の言い、なんでもできる基地をあまりかがもっていることが、いわば「抑止力」の正体ということなのか?

日米共同演習、朝から戦闘機訓練 空自F15トラブル(琉球新報)

 3日から日本各地で始まった日米共同統合演習(実動演習)は4日、県内で米空軍と航空自衛隊による航空作戦訓練などが実施された。嘉手納基地と那覇空港では通常、土日に戦闘機訓練はないが、この日は早朝から午後までF15戦闘機などが離着陸を繰り返し、周辺は騒音に包まれた。那覇空港では統合演習に向かう航空自衛隊のF15戦闘機のトラブルで滑走路が約25分間閉鎖され、民間機に遅れが出るなど県民生活に影響を及ぼしている。演習は5日も実施される。
 嘉手納基地では4日午前8時ごろから、同基地所属のF15戦闘機が相次いで離陸。午後も2時すぎからF15が次々と離陸する様子が確認された。
 那覇空港で4日午前9時6分ごろ、航空自衛隊那覇基地所属のF15型戦闘機が戦闘訓練のため那覇空港を離陸する際、機体に振動を感じたため離陸を中止。機体は後方のフックを下ろし、滑走路上のワイヤに引っかけて減速させる「ヒットバリヤ(着陸拘束装置)」と呼ばれる方法で停止した。
 このトラブルで、滑走路は午前9時32分までの約25分間閉鎖された。那覇空港事務所や全日空によると、この影響で全日空の出発便1便、到着便4便の5便に最大32分の遅れが発生し、乗客865人に影響が出た。そのうち着陸態勢に入っていた1便を含め4便が滑走路が閉鎖されている間、那覇空港の上空を旋回しながら待機していた。

 沖縄の友人が言っていたけど、これがもし羽田だったらどうなのか?
 パトリオットが国道で一般車といっしょに運ばれる。それも演習の一環なのだ、と。

 夜は地域の、子ども関係の団体の会議。子どものとりくみは、イベントをやればびっくりするほど集まる。だけど、その運動の担い手がいないというのが、どこでも困っていること。
 話の最後は、学生の就職問題に、出される話は、びっくりするひどい話や、困難が。少し、暗い会議になってしまった。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« やっぱ、おかしい日本のシューカツ!? 学生がホンネで語ろう! 就活シンポ | トップページ | 障害者の自宅介護、9割が親頼み 支える側の高齢化深刻 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/50221858

この記事へのトラックバック一覧です: 日米共同演習、朝から戦闘機訓練 空自F15トラブル:

« やっぱ、おかしい日本のシューカツ!? 学生がホンネで語ろう! 就活シンポ | トップページ | 障害者の自宅介護、9割が親頼み 支える側の高齢化深刻 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31