« 小沢氏、政倫審出席を表明 「政治家の判断」 | トップページ | 武器基準緩和を提言へ=PKO五原則めぐり-政府懇談会 »

2010/12/28

日航、整理解雇は170人 無効求め100人超が提訴

 いよいよ日航の整理解雇の問題は重大な局面に入ることになる。

日航、整理解雇は170人 無効求め100人超が提訴へ(朝日新聞)

 会社更生手続き中の日本航空は28日、今月31日付でパイロットや客室乗務員(CA)ら約170人を整理解雇すると発表した。解雇予告をした約200人のうち希望退職に応じたのは30人ほどにとどまった。解雇の撤回を求める一部のCAや副操縦士らでつくる労働組合は、1月中旬に解雇無効を求める集団訴訟を起こす。参加を表明した解雇対象者は100人を超えている。
 日航によると、解雇されるのはパイロット約80人とCA約60人に加え、休職中のパイロットとCA約30人。大西賢社長は28日の記者会見で、「事業規模の縮小に合わせた人員規模の適正化という施策だが、まさに断腸」と述べた。
 日航は9月から今月9日にかけて、全職種を対象に約1500人の希望退職を募ったが、パイロットやCAを中心に目標人数に百数十人達しなかったため、9日から解雇の手続きに入っていた。
 これに対し、解雇対象者の大半が所属する日本航空キャビンクルーユニオン(CCU)と副操縦士らの日本航空乗員組合は、(1)休職者などを含めると希望退職の応募者がすでに削減目標を超えている(2)解雇対象者が病歴や年齢の高い順に選別されている――などとして、解雇の無効を主張してきた。
 28日までに結成された原告団には、CA約60人とパイロット50人以上が参加を表明。両組合によると、参加者はさらに増える見通しで、最終的には解雇対象者の大半が訴訟を起こすことになりそうだ。…

 問題はいろいろある。解雇予告をした人は特定の人だということもある。そもそも、日航では、特定の組合への差別がくり返しなされたこと、「沈まぬ太陽」の世界も思い出してしまう。希望退職の数をめぐっては、いろいろ議論があるが、病気で求職している人を解雇の前提にすれば、やはり、航空の安全が保障されるのか疑問が残る措置であることは常識で考えればそのとおり。おちおち病気で休めない会社の飛行機には乗りたくはない。
 問題は、そもそも経営危機をつくり出したのは、ホテルなどへの投資なの放漫経営ではなかったのか。そのことw放置し続けた経営責任を問うことがなく、こういう安全にかかわる人事政策を強行し、働くものに責任を押しつけるようなことで、果たして経営再建がなされるのかということも問われるのではないのか。
 国民目線からすれば、経営破たんしているのだから、いろいろいっても仕方がないという感覚は当然なのだろうけれども、そういう企業の再建にかかわっての議論なのだから、よけいに冷静にあらねばならない。問題の本質を見失ってはいけないと思う。こんなことが行われたら、日本の経済や企業のありようそのものが、いっそう真っ暗になりかねない。
 支援の共闘組織もつくられた。大いに連帯していきたいものだと思う。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 小沢氏、政倫審出席を表明 「政治家の判断」 | トップページ | 武器基準緩和を提言へ=PKO五原則めぐり-政府懇談会 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/50426431

この記事へのトラックバック一覧です: 日航、整理解雇は170人 無効求め100人超が提訴:

» 日航パイロットら146人が提訴 [時々時事爺]
まあ、整理解雇されちゃ面白くないわな [ニヤリ/]JALも年齢で線引きしてバサっと切るのは乱暴な手段だった訳で、裁判じゃ負けるかも知れんぞ。会社に残ってもらっても意味のない奴つかまえて、今後は今までの...... [続きを読む]

« 小沢氏、政倫審出席を表明 「政治家の判断」 | トップページ | 武器基準緩和を提言へ=PKO五原則めぐり-政府懇談会 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30