« 権利としての寄宿舎教育 | トップページ | まだまだ緊迫した状況だとか »

2010/12/10

都の性描写漫画規制、可決へ 民主が賛成の方針固める

 えー、結局、そうなっちゃうんだよなあ。

都の性描写漫画規制、可決へ 民主が賛成の方針固める(朝日新聞)

 過激な性描写のある漫画などを18歳未満に販売できないように規制する、東京都の青少年健全育成条例改正案について、都議会最大会派の民主党は10日の総会で、賛成する方針を決める見通しになった。すでに自民、公明両会派は賛成を決めている。民主党を含めると過半数となり、改正案は開会中の都議会で可決される。
 民主党の反対で前回案は6月の都議会で否決となったが、今回の案は規制対象を強姦(ごうかん)などの違法な性行為や近親相姦としたことから、同党は「恣意(しい)的な運用で規制が拡大される恐れはない」と判断した。会派幹部は「我々の主張の多くが盛り込まれており、反対する理由はない」としている。
 一方、漫画家や出版社などは今回の案にも「条文はなお不明確」と反発。18歳以上の登場人物を描いた漫画も規制対象に入るため、「むしろ対象は広げられた」などと批判を強めている。……

 子どもをめぐる心配というのは大きい。子どもを取り巻く社会的な変化もある。しかし、そういう問題に具体的に即して議論されているとは到底思えない。短絡的な規制だと思う。そのそも原理的に、こういう規制が許されるのか。出版や表現に対してのものだし、携帯電話やインターネットにもその介入が広がる。
 しかも介入するのは、現在の東京都なのである。教育の自由や思想・表現の自由を平然とふみにじる強権的な都政がだ。子ども、若者への強権的な視点も、それが何をもたらすのかということを考えないのだろうか? もうやめてほしいと強く思う。

 反対の声は、広がっている。それをふみにじろうという暴挙だ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを 

« 権利としての寄宿舎教育 | トップページ | まだまだ緊迫した状況だとか »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/50261163

この記事へのトラックバック一覧です: 都の性描写漫画規制、可決へ 民主が賛成の方針固める:

« 権利としての寄宿舎教育 | トップページ | まだまだ緊迫した状況だとか »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30