« シンポジウム:教師歴5 年目の若手教師の願いと悩み、そして奮闘 | トップページ | アメとムチに憤り=稲嶺名護市長 »

2010/12/24

高江ヘリパッド、米軍ヘリ接近 1分間ホバリング、テント損壊

高江ヘリパッド、米軍ヘリ接近 1分間ホバリング、テント損壊(琉球新報)

 23日午後7時45分ごろ、東村高江へのヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設に反対し、市民団体が座り込みを続けるテントの真上で、米軍ヘリが約1分間ホバリング(空中静止)し、テントの鉄製の足が曲がり、椅子1脚が約40メートル吹き飛ばされるなどの被害が出た。けが人はなかった。現場にいた沖縄平和運動センターの山城博治事務局長によると、ヘリがホバリングしたのはテントの上空約15メートルだったという。
 住民ら関係者によると、普段から訓練で集落上空をヘリが飛行することはあるが、これほどの低空飛行はまれだという。22日のヘリパッド工事再開強行に続き、民間地での超低空飛行による被害に、市民団体などが反発を強めるのは必至だ。
 被害があったのは、米軍北部訓練場N4地区へのゲート前で、県道70号沿いに建てられたテント。「ヘリパッドいらない」住民の会が管理している。テントは工事を警戒する住民が出入りしていたが、同日は夕方までに引き揚げた。米軍ヘリが現れた当時、テント内に人はなく、一人で残っていた山城さんがテント隣に止めた車の中にいた。

 ヤンバルの森のなかにある、東村高江のヘリパッド建設をめぐって、緊張した局面になっている。一昨日、ヘリパッド建設現場のフェンスの設置が強行されたわけだけど、それに続いて、上記の事件である。まるで、力で威圧する行為である。もし人がテントのなかにいたらどうなっていただろうか?ぞっとする事件である。そんなことを平然とやってしまうことに基地というものの本質があるかもしれないのだから。
 ほんとうにゾッとする。同時に、ヤンバルの森にこれ以上の基地被害を広げないたたかいは、正念場にもなっている。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« シンポジウム:教師歴5 年目の若手教師の願いと悩み、そして奮闘 | トップページ | アメとムチに憤り=稲嶺名護市長 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/50385186

この記事へのトラックバック一覧です: 高江ヘリパッド、米軍ヘリ接近 1分間ホバリング、テント損壊:

« シンポジウム:教師歴5 年目の若手教師の願いと悩み、そして奮闘 | トップページ | アメとムチに憤り=稲嶺名護市長 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30