« 民主主義とは何かが問われているんだろうなあ | トップページ | 奨学金利用約3000人増 県内5大学05年度比 »

2010/11/19

これってぼったくりだよなあ 事業仕分け:第3弾終了 再仕分け縮減計2100億円 今後の在り方協議

 大学予算をめぐっては、いよいよ激しい攻防となる。たとえば事業仕分け。

事業仕分け:第3弾終了 再仕分け縮減計2100億円 今後の在り方協議(毎日新聞)

 政府の行政刷新会議は18日、事業仕分け第3弾の作業を終えた。後半日程の4日間は、112事業を対象に、過去の判定結果が来年度の予算要求に反映されたかを検証する「再仕分け」が中心。計27事業を「廃止」、16事業を「予算計上見送り」、26事業を「予算要求の縮減」と判定した。縮減要求額は合計で少なくとも約2100億円に上ったが、11年度予算の概算要求・要望総額96兆7465億円と比べると、歳出削減効果は大きくはなかった。09年11月に始まった事業仕分けはこれで一段落し、今後のあり方を蓮舫行政刷新担当相らが、菅直人首相と協議していく。
 同日の作業終了後も、蓮舫氏や片山善博総務相、民間仕分け人などが、09年11月以降の一連の仕分けの意義について議論。重要性については認識が一致したが、従来通りの形で仕分けすべきかは明確にならなかった。蓮舫氏は「どういう形にすればいいのか今後議論したい」と総括。21日に菅首相と新たな仕分けのあり方について協議を始める。…

 ここでも、留学生なんとかとか、就職力なんとかとか、大学関係の予算がやりだまにあがっている。だいたい、大学の基礎的な運営経費の予算をけずったかわりに、こういう競争的な経費がつくられたわけだ。しかも、留学生対策にしても、大学の就職指導にしても、試行錯誤をくり返しながらやっていかねれば答えはでないものだろう。そういう事業の是非は、もっとつっこんで検討は必要なんだろうけれども、基礎的な予算を削っておいて、そのかわりに導入したものを仕分けされたら大学はいったいどうなってしまうんだろう。ぼったくり、いや詐欺に近いなあ。
 大きな構想、大きな政治的判断がないなかで、細かい効率性のみで、議論する。どこかで、そういう大きな議論があれば別だけど、そんな議論もない。いった民主党政権は、この国をどうしたいというのだろうか。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 民主主義とは何かが問われているんだろうなあ | トップページ | 奨学金利用約3000人増 県内5大学05年度比 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/50071591

この記事へのトラックバック一覧です: これってぼったくりだよなあ 事業仕分け:第3弾終了 再仕分け縮減計2100億円 今後の在り方協議:

« 民主主義とは何かが問われているんだろうなあ | トップページ | 奨学金利用約3000人増 県内5大学05年度比 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31