« 山の民の祈り パキスタンカシミール地震被災地に生きる | トップページ | 米、在沖基地の重要性否定 »

2010/11/26

大学:学長11人が首相に予算拡充の緊急提言

 ちょっと悲しくなるニュース。

大学:学長11人が首相に予算拡充の緊急提言(毎日新聞)

 行政刷新会議の事業再仕分けで大学関係事業に厳しい判定が相次いだのを受け、旧帝国大学など国立、私立計11校の学長が25日、高等教育や科学技術の予算拡充を求める菅直人首相への緊急提言をまとめ、提出した。
 提言では「限られた視点からの短時間の議論により、研究・教育プロジェクトを判定するだけでは、ノーベル賞級の成果など望むべくもない」と仕分けの手法を批判。「日本の大学への投資は先進国中最低レベル。さらに削減されれば、優れた人材が海外に流出し、国が衰退する」と指摘し、基盤的運営費や競争的研究費の増額などを訴えている。

 提言の実物はここ。

 そら、大学にとっては死活問題だし、怒るよなあ。連動する学費だけでも、国民にとっては深刻なはずだけどね。
 ほんとうはもっと大きな問題で、日本の経済界というのは、ほんとに目先のこと、強迫観念に駆られたような蓄積のことしか考えないとホトホト思う。だから、学術のことなど、全然考えていない。政治家も、学問研究には、ほんとのところ何ら関心をもっていないのではないのかと思う。もっと、学術研究の成果を政治にいかせば、政治はましになるのに、自分の都合のいい御用学者の意見だけに耳を傾ける。
 だからかのだろうか、この日本の大学の惨憺たる風景は。学問研究だけでなく、実は、教育も、学生も横に置かれている。高い学費さえはらっていただければお好きなようにと。いやあ、こんなんでいいんですかね。

 限られた大学の声は、それはそれで、説得的でもあり、重要だけれども、いまの事態のもとでは、もっと広く、共同の声をあげてほしいというのもほんとのところなんだけどね。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 山の民の祈り パキスタンカシミール地震被災地に生きる | トップページ | 米、在沖基地の重要性否定 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/50140260

この記事へのトラックバック一覧です: 大学:学長11人が首相に予算拡充の緊急提言:

« 山の民の祈り パキスタンカシミール地震被災地に生きる | トップページ | 米、在沖基地の重要性否定 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31