« これってぼったくりだよなあ 事業仕分け:第3弾終了 再仕分け縮減計2100億円 今後の在り方協議 | トップページ | 困難を抱えた生徒の 学習/進路支援 »

2010/11/19

奨学金利用約3000人増 県内5大学05年度比

 ニュースをクリップ。沖縄の友人から教えてもらった、琉球新報の1面。

奨学金利用約3000人増 県内5大学05年度比(琉球新報)

 県内の4年制総合大学5大学で、奨学金制度を利用した学生が、2005年度の4622人から09年度は65%(2999人)増の計7621人と急増したことが18日、琉球新報の調べで分かった。
全学生に占める受給者の割合は05年度比16ポイント増の43%。2・3人に1人が経済的な支援を必要としている。09年度に経済的な理由で休学した学生は計219人、除籍者は計224人、退学者は計40人。年間500人近くが、経済的な事情で大学での就学を阻害されており、県内学生をめぐる厳しい実情があらためて浮き彫りになった。
 大学側は「『給与やボーナスが減額され経済的に厳しい』などの声が多い」と指摘。受給者増を「経済事情の悪化を反映している」とみる。各大学では独自に給付型の奨学制度を拡充しているが「大学独自の支援には限界がある」などと、抜本的な制度改革を求める声が上がっている。…

 高学費と経済不況が、学生を直撃している様がよくわかる。学生と学生を抱える家庭は、わが家も含め、ほんとうにたいへんな事態にある。なぜ、こうした問題が強い怒り、政治課題となっていかないのかがよくわからない。いま開かれている国会でも、こうした問題がなぜ、議論されないのだろうか?大きな政党は、国民の苦難には無関心だということだろうか。国民が政治からどんどん離れていく理由がここにある。

 全国的なデータがあるわけではないので、沖縄が突出しているのかどうかはよくわからない。ただ、やはり高い水準にあることは想像できる。基地問題で、仲井真は、括弧つきで「県外移設」を言って、経済問題に争点をもちこもうとしていると言われる。県民の関心の一定部分は経済にあるのだろうか? だけど、これまで、なぜ、沖縄では教育や福祉が軽視をされてきたのだろうか。それは経済困難だけが理由ではない。むしろ、厳しい占領をへて復帰したという困難があるのだが、そのための沖縄予算は、開発中心ではなかったのか。それを推進したのはだれなのか?そして、現在も、基地→補助金→開発という、基地依存経済が、実は、福祉の遅れには向かない構造はそう変わりはないのだと思う。
 県民が主人公の、県民の暮らしを守る県政へ、そのためにも基地撤去を正面からすすめる知事に。そう願いたいものだ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« これってぼったくりだよなあ 事業仕分け:第3弾終了 再仕分け縮減計2100億円 今後の在り方協議 | トップページ | 困難を抱えた生徒の 学習/進路支援 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/50073332

この記事へのトラックバック一覧です: 奨学金利用約3000人増 県内5大学05年度比:

« これってぼったくりだよなあ 事業仕分け:第3弾終了 再仕分け縮減計2100億円 今後の在り方協議 | トップページ | 困難を抱えた生徒の 学習/進路支援 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30