« 空襲被害、国の裏切り許さぬ 杉山さん「頑張ろう」 | トップページ | 大学教育と職業との接続を考える 第1 回「大学生の就職をめぐる諸問題と当面の打開策」 »

2010/11/21

沖縄、欧州の基地撤去を 米軍事費で議論沸騰

 軍事優先の流れと、むしろ相対するという流れと。そういうものが交錯し、混じり合う世界。世界は変化のなかにある。

沖縄、欧州の基地撤去を 米軍事費で議論沸騰

 オバマ米大統領の超党派諮問機関「国家財政責任・改革委員会」が10日に発表した財政赤字削減策の草案をめぐり、より大幅な軍事費削減を求める動きが米国内で高まっている。
 7月に在沖海兵隊不要論を唱えた民主党の重鎮バーニー・フランク議員は19日、ワシントン市内での講演で、社会保障予算と国防費の削減、増税を柱とする同委員会の草案について、「国民の生活圧迫につながる対策の前に、国防の在り方を再考すべきだ」と批判した。
 その上で、同委員会が示した在外米軍を3分の1まで削減する内容について、「海兵隊の役割は変化した。沖縄や欧州にある不要な米軍基地をまず撤去するべきだ」と訴えた。
 また、元国防次官補などを含む安保・財政分野の識者46人は18日、同委員会の共同委員長あてに書簡を送付。2015会計年度までに軍事費を1千億ドル削減するとした草案の内容を「不十分」と批判し、世界における米軍の規模縮小と兵器調達の見直しなど、より大幅な削減に踏み込むよう要求した。
 同委員会がまとめた最終報告書は12月1日までにオバマ大統領に提出され、議会で採決される。…

 すでに、アメリカが、一国で、世界の動きは決めることはできない。だとしたら、日本の外交も、いままで、対米追随を考えていた人であっても、再考する必要がある。そこに踏み出せないのが日本の政治のしんどいところかなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 空襲被害、国の裏切り許さぬ 杉山さん「頑張ろう」 | トップページ | 大学教育と職業との接続を考える 第1 回「大学生の就職をめぐる諸問題と当面の打開策」 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/50095757

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄、欧州の基地撤去を 米軍事費で議論沸騰:

« 空襲被害、国の裏切り許さぬ 杉山さん「頑張ろう」 | トップページ | 大学教育と職業との接続を考える 第1 回「大学生の就職をめぐる諸問題と当面の打開策」 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31