« 派遣法改正案審議入りへ 与党、推進の社民に配慮 | トップページ | 競争の教育から助け合いつながり合う教育へ‐子どもの権利条約と新自由主義教育改革‐ »

2010/11/25

地方学生の遠距離就活に関する調査

 ソフトバンク・ヒューマンキャピタルというところが次のような調査結果を発表していた。

地方学生の遠距離就活に関する調査

地方学生の就職決定率 56.2%
ネットカフェ泊 地方学生の11.8%が経験
就職活動費 平均12万2千円

遠距離企業への就職活動
「インターネット会社説明会」あったら積極的に活動できたと思う 7割

 ソフトバンク・ヒューマンキャピタル(東京都港区、木崎秀夫・代表取締役社長兼CEO)が運営する『就活ライブチャンネル2012』( Twitter公式アカウント:http://twitter.com/livech2012 )は、2010年11月14日~11月18日の5日間、一都三県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)以外に住み、一都三県に本社がある企業へ就職活動をおこなった大学4年生に対し、遠距離就活に関する調査をインターネットリサーチにて行い、計400名の有効回答を得ました。

【アンケート総括】
地方学生の就職決定率 56.2%
一都三県企業希望の学生 「まだ決まっていない」4割半

 一都三県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)以外に住み、一都三県に本社がある企業(以下、一都三県企業)へ就職活動をおこなった大学4年生400名に対し、希望していた就職先と実際に決まっている就職先を聞いたところ、地方企業(地元に本社がある企業)を希望していた218名では、決定先が「地方企業」42.7%、「一都三県企業」15.1%、「まだ決まっていない」42.2%となりました。一都三県企業を希望していた182名では、決定先が「地方企業」17.0%、「一都三県企業」36.8%、「まだ決まっていない」46.2%となっています。地方学生の就職決定率は、全体で56.2%、地方企業希望者で57.8%、一都三県企業希望者で53.8%と6割を切っており、超氷河期と言われている今年の就職活動の厳しい現実が浮き彫りとなりました。
 実際に就職活動をした企業の数を、地方企業と首都圏企業のそれぞれについて聞きました。まず地方企業についてそれぞれ割合が高かったのは、説明会で「2~3社」(19.0%)と「6~10社」(18.3%)、面接や筆記試験で「2~3社」(21.5%)、内定で「0社」58.8%、「1社」32.0%となりました。同様に一都三県企業については、説明会で「2~3社」(23.5%)、面接や筆記試験で「2~3社」(26.8%)、内定で、「0社」65.5%、「1社」23.5%となっています。

ネットカフェ泊 地方学生の11.8%が経験
就職活動費 平均12万2千円

 全回答者400名に対し、一都三県企業へ就職活動に来た場合にどこに宿泊をしていたか、 経験したものを複数回答で聞いたところ、最も多かったのは「宿泊をせずに日帰り」で64.0%、続いて「ホテルに泊まる」42.5%となっています。最近話題となっている「インターネットカフェに泊まる」は11.8%と、地方学生の10人に1人は就活でネットカフェ泊を経験しているという結果になりました。居住地域別にみると、「宿泊をせずに日帰り」は、 北関東で94.4%、中部地方で75.6%と、比較的一都三県に近い学生は日帰りで就職活動を行っており、一方、北海道・東北地方の学生は、「ホテル」(55.6%)の他に「友人/親戚の家」(40.7%)を利用しながら就職活動を行っている様子が窺えます。

 地方の学生の就活の厳しい現実と、物理的な負担と一端がわかる調査になっている。

 一方で、企業の動向を感じさせる記事を今日は読んだ。

 日本の人事部というサイトが、「次世代の新卒採用について」という記事で、その動向を紹介している。そのポイントは、「自由応募」が主流からの変化、募集開始時期を遅く設定などの独自の採用戦略、新たな選考方法=インターンシップの活用とコンピテンシーの応用、グローバル化に対応するための外国人の採用、二本立ての採用やお試し期間という。注目すべきものもないわけではないけれども、やっぱり企業の身勝手さも目立つ。採用方法は、企業有意ですすめようとしているし、基準もコンピテンシーと言われてもねえ。アジア系の外国人との競争をあおるけど、そこで競争させられる能力がほんとうにこれからの日本経済の未来を支えるのかというのは疑問だし、最後の二本立てやお試し期間というのは、職種と連動させた採用とはちょっと違う、企業本位のものだと思う。そう考えると、やっぱり企業のこの採用をめぐる問題ってものすごいものがあると痛感させられたりするのだ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 派遣法改正案審議入りへ 与党、推進の社民に配慮 | トップページ | 競争の教育から助け合いつながり合う教育へ‐子どもの権利条約と新自由主義教育改革‐ »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/50131836

この記事へのトラックバック一覧です: 地方学生の遠距離就活に関する調査:

« 派遣法改正案審議入りへ 与党、推進の社民に配慮 | トップページ | 競争の教育から助け合いつながり合う教育へ‐子どもの権利条約と新自由主義教育改革‐ »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30