« 誰も知らない就活の真実 就職 新氷河期 | トップページ | 子育て世代の生きづらさとは? »

2010/11/11

従属の同盟―日米安保の50年を検証する

4406053980 本になって、改めて読んでみると、ものすごく刺激的な本である。この手の本というのは、解説的なもの、国民の実感から出発するようなもの、新しい論点や資料などを提示するものなど、結構、作り手の側は悩ましい。その中間あたりの本なのだけれども。普天間問題からはじまって、安保の歴史を紐解き、さらにこの根底にある基地特権の構造、自衛隊の変容、地位協定の問題、そして核密約と「有識者委員会」報告など、内容は全面的でもある。結構、むずかしい問題を、わかりやすく解説する苦労は並大抵のものではない。しかも、あまり知られていない、資料なども含め、そうとうおもしろい、刺激的なことがちりばめられている。さらっとね。しっかりかけば、分厚い本になるような問題が書かれているのだ。そういう意味では、より知りたいという思いにさせてくれる本でもある。
 ちょっと、玄人好みっぽいところもあるのかなと思うけど、読み終えて、おもしろかったというのが、実感である。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 誰も知らない就活の真実 就職 新氷河期 | トップページ | 子育て世代の生きづらさとは? »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/50001449

この記事へのトラックバック一覧です: 従属の同盟―日米安保の50年を検証する:

« 誰も知らない就活の真実 就職 新氷河期 | トップページ | 子育て世代の生きづらさとは? »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30