« 民主、南西諸島防衛を明記 新大綱で提言 | トップページ | 三菱電機:子会社が「派遣」に22年間一般事務 »

2010/11/30

優しいおとな

51safj7holl_sx230_ 桐野夏生はやっぱり大好きな作家。久しぶりに、読んでみた。たまたま10日ほど前に、読売新聞に彼女と本田由紀の対談が載っていて、読んでみようと思った。
 すぐ主人公のイオンの感情に絡め取られる。切なく、寂しく、孤独な迷いのなかに。ざらざらした皮膚感とともに、妙なリアリティがあるのは、現在の格差と貧困の社会のせいか。もちろん、作品としては、なぞときのあたりが雑で、もう少し流れをつくってほしいとは思うけれどね、でも、テーマは、結びつき=愛着を求めるということ。人はそれでも、強い結びつきと、愛着を求める。それなしでは生きていけないから。それを阻むものは何なのか。一つの形しか認めない社会か、困難なかで排除する社会か、それを乗り越えるものは何なのか。などなどと。ラストの優しさだけが、少しの希望でもあるだろうけれども。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 民主、南西諸島防衛を明記 新大綱で提言 | トップページ | 三菱電機:子会社が「派遣」に22年間一般事務 »

文化・芸術」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/50177007

この記事へのトラックバック一覧です: 優しいおとな:

« 民主、南西諸島防衛を明記 新大綱で提言 | トップページ | 三菱電機:子会社が「派遣」に22年間一般事務 »

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31