« 米、在沖基地の重要性否定 | トップページ | 11・27地域教育運動交流集会 »

2010/11/28

第11回 開かれた学校づくり全国交流会

Img00179201011271305 昨日は、午前中はあとで書く別の集会に行き、中抜けして、表題の集会に顔を出す。勝野さんの基調報告を聞いた。なかなか刺激的。
 開かれた学校づくりは、教育委員の準公選制の運動をある意味で母体として、生徒や父母・地域の参加をとおした学校づくりをめざした運動で、そういう意味では、行政にも働きかけ、その民主的な運営をめざそうというものでもある。だから、コミュニティスクールや地域支援本部などの動きも研究対象にして、その問題点は押さえながらも、交流や共同も必要と。いまの教育政策の一つのポイントに「熟議」というのがあるけれども、これに対して、スパッとイデオロギー的に切ってみたいところだけれど、あえて、この「熟議」を引き受ける。ドキッとさせるような表現で、引き受けたうえで、では現状の政策動向は、そうなっているか、ほんとうに対等な関係での議論がなされているのかと批判するわけで。
 教育における民主主義が、テーマになるわけで、やっぱり秀才の手による民主主義論は、とっても豊かでおもしろかった。勉強せんとなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 米、在沖基地の重要性否定 | トップページ | 11・27地域教育運動交流集会 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/50157977

この記事へのトラックバック一覧です: 第11回 開かれた学校づくり全国交流会:

« 米、在沖基地の重要性否定 | トップページ | 11・27地域教育運動交流集会 »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31