« 公立高校授業料 留年生も「原則不徴収」 20道府県は完全実施 日高教が全国調査 | トップページ | 嘉手納F15、普天間で123デシベル 聴覚の限界 »

2010/10/08

子どもの貧困――日弁連人権擁護大会の決議

 今日は、午前中から、会議。それから、午後には、取材。いっぱい、いろいろな人と話をした一日。とても刺激をうけて、おもしろい一日だったけれども、やっぱり、人とたくさん話をすると、どーんと気持ちは引きこもり状態になってします。うけた刺激を力にしなきゃいけないのにねえ。自分の受け答えはダメだなあって、なっちゃうのがまたたまらなく嫌になる(苦笑)。

 でもねえ。

 さて、ニュースをクリップ。

守ろう人権、白熱論議 本県初の日弁連擁護大会(岩手日報)

 日弁連主催の第53回人権擁護大会シンポジウムは7日、盛岡市盛岡駅西通2丁目の盛岡市民文化ホールなど3会場で開かれた。
 「子どもの貧困」「デジタル社会における便利さとプライバシー」「廃棄物公害の根絶を目指して」の3分科会で、講演や寸劇、事例発表などを繰り広げた。
 大会は本県で初開催。全国から約1300人の弁護士が参加したほか、県内の高校生らも切実な人権課題や今後の方策提言に聞き入った。
 8日は同ホールで人権擁護大会が開かれ、各分科会のテーマに沿った宣言や決議を採択するほか、「足利事件」で無実の罪で17年半にわたり自由を奪われた菅家利和(すがやとしかず)さん(63)による報告なども予定されている。

 そのなかで、いちばん注目したいのは、「貧困の連鎖を断ち切り、すべての子どもの生きる権利、成長し発達する権利の実現を求める決議」

 日弁連は、すべての弁護士が加盟する公的な組織である。その発言は、社会的には大きな意味と意義をもつ。この問題の取り組みの前進に大きな力にしたいものである。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 公立高校授業料 留年生も「原則不徴収」 20道府県は完全実施 日高教が全国調査 | トップページ | 嘉手納F15、普天間で123デシベル 聴覚の限界 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/49686743

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの貧困――日弁連人権擁護大会の決議:

« 公立高校授業料 留年生も「原則不徴収」 20道府県は完全実施 日高教が全国調査 | トップページ | 嘉手納F15、普天間で123デシベル 聴覚の限界 »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31