« 黄金の豚 | トップページ | 貧困率公表1年を迎えるにあたっての会長談話 »

2010/10/21

米軍犯罪 後絶たず 10・21県民大会から15年

 そう、もう15年の月日が経ちます。あの事件の関係者の含め、悲劇は、悲劇のまま続いています。

米軍犯罪 後絶たず 10・21県民大会から15年(琉球新報)

 少女乱暴事件をきっかけにした1995年の10・21県民総決起大会から21日で満15年を迎えたが、県・県議会などの再発防止の訴えや米軍当局による綱紀粛正の取り組みにもかかわらず、依然として米軍構成員による犯罪は後を絶たない。県警は飲酒絡みの犯罪防止に対策を強化するが、今年の摘発件数は既に09年1年間の発生件数を上回る。米軍当局の防止策も一過性のものにとどまり、効果を上げていない。
 県警のまとめによると、少女暴行事件のあった95年、米軍構成員(軍人、軍属、その家族)による犯罪摘発人員は62人。一時減少したものの2003年には摘発人員が133人と95年の2倍以上に悪化した。その後も毎年95年当時とほぼ同等の人員が摘発されている。…

 15年前の今日は、東京では、たしか明治公園での集会があった。ボクもそこにいたのだと思う。そういう記憶がある。
 安保の体制は、沖縄の基地集中という構造のうえにある。72年の返還は、その矛盾を顕在化させるものだったはずだ。だが、実際には、そのことは十分に問われているというわけではない。もちろん、沖縄だけではない、基地被害は、各地にある。
 いろいろ記事をくっていると、「沖縄にいたのだから、2、3回レイプしないと帰れない」という発言などにも出会う。日本の基地の構造はやっぱり、どこまでも植民地的であり、その根底には、世界にもほとんど存在しない、安保条約による基地貸与の規定があるのだろうと思う。
 そういう構造に思いをはせながら、今年の沖縄のたたかいを見つめたいと思ったりもする。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 黄金の豚 | トップページ | 貧困率公表1年を迎えるにあたっての会長談話 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/49808946

この記事へのトラックバック一覧です: 米軍犯罪 後絶たず 10・21県民大会から15年:

« 黄金の豚 | トップページ | 貧困率公表1年を迎えるにあたっての会長談話 »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31