« 「多磨全生園」園内保育所実現へ | トップページ | 「普天間」県内移設撤回求め決議 名護市議会 »

2010/10/14

仏、高校生のデモ参加が波紋 年金改革で与野党対立

 湯浅さんのtwitterのつぶやきにおもしろいことが書いてあった。帝国データバンクの調査では、企業は、法人税減税をされると、その分は、内部留保に回すというのが、一番多い回答だそうだ。ところが、法人税減税で期待されることは、雇用の増大だそうだ。彼らは経済論としては、法人税減税が経済を刺激して、雇用が増えるという。一般論としては、そういうことを主張しながら、実際には、そういう選択はしないということなのだろうか。結局、いろいろな雇用政策は、企業を刺激する資金の流れを強調する。でも、現状の企業の論理のうえでは、それは、どこまで実効力があるのか。ここは、よく考えなければいけないところだと思う。

 さて、そういうことと決して無関係でない、おもしろいニュース。

仏、高校生のデモ参加が波紋 年金改革で与野党対立(共同通信)

 フランス政府の年金制度改革法案に反対し主要労組によって12日に全土で実施された最大規模のデモに、多くの高校生が参加したことが国内で波紋を広げている。与党、国民運動連合(UMP)は、野党側が未成年のデモ参加をあおったと批判。野党側は、批判は法案の是非をめぐる議論から国民の目をそらす方便だと反発している。
 12日の抗議行動では、全国4300余りの高校のうち約350校で正門封鎖などが実施され、労組側発表で計15万人の高校生がデモに合流した。
 論議の引き金となったのは、同日夜にテレビ番組に出演した最大野党社会党の元大統領候補、ロワイヤル氏の発言。「若者たちは、それぞれ責任感を持ち、自分がなぜデモに参加するのかをわきまえている。私は平和的なデモにするよう彼らに呼び掛ける」と高校生デモを容認した。…

 年金の問題も、結局は、若者にかかわる問題である。そう考えると、雇用の問題など、直接、若者にかかわる問題だ。たとえば、昨日書いた就職活動の問題など、いっそうそうだ。そのときに、フランスのように、高校生がデモとまでは言わないけれども、やっぱり、若者のこういう問題への発言は大事だと思う。そう考えると、やっぱり、若者に呼びかけるべきだし、政治の側は、若者の発言の場をつくるということも、もっと真面目に考えるべきではないのかなって思う。日本の政治は、一方では、若者の力を軽視し、蔑視しているようにも思えるのだけれど、どだろうか。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 「多磨全生園」園内保育所実現へ | トップページ | 「普天間」県内移設撤回求め決議 名護市議会 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/49744840

この記事へのトラックバック一覧です: 仏、高校生のデモ参加が波紋 年金改革で与野党対立:

« 「多磨全生園」園内保育所実現へ | トップページ | 「普天間」県内移設撤回求め決議 名護市議会 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31