« 「茶番としか思えない」 勝ち組学生も漏らす就活の不毛 | トップページ | 「多磨全生園」園内保育所実現へ »

2010/10/13

米が9月に未臨界核実験 オバマ政権下で初、ネバダで

 たしかに、オバマの「核のない世界」の提唱は、世界を大きく励ましたけれども…。だから、国際社会は、核のない世界に向かわざるをえないことも絶対そうだけれども、だけど、やっぱり世界の正論の高まりぬきには、ちっとも事態がすすまないというのも冷厳なる事実であることを痛感させられるわけで。

米が9月に未臨界核実験 オバマ政権下で初、ネバダで(朝日新聞)

 米国が核爆発を伴わない未臨界核実験を9月半ばに実施していたことが12日、分かった。実験は2006年8月以来4年ぶりで、「核のない世界」を提唱するオバマ政権下では初めて。オバマ大統領には核廃絶の主導役として期待が高く寄せられてきた中で、国際的な批判も出そうだ。
 米エネルギー省国家核安全保障局(NNSA)の発表によると、実験は「バッカス」と名付けられ、原爆開発でも知られるロスアラモス研究所が9月15日、ネバダ核実験場で実施した。核分裂連鎖反応が起きない量のプルトニウムに爆発の衝撃を与え、その動きを調べる内容で、核爆発は起きなかったとしている。データを収集し、保管中の核兵器が爆発事故を起こさない「安全性」や、実際に使う時に設計通りの破壊力が出せる「信頼性」を維持することが目的だという。
 オバマ政権は、安全保障上の核兵器の役割を縮小するとし、ロシアとの新たな核軍縮条約の早期発効や核テロ対策などに力を注ぐ。ただし、核兵器が存在する限りは現在の核戦力を維持する方針も明確にしており、核関連設備の近代化や管理体制を強化するために関連予算を増額していた。あらゆる核実験を禁じる包括的核実験禁止条約(CTBT、未発効)の批准を目指す一方で、未臨界実験は同条約に違反しないとの立場だ。…

 オバマの核政策、軍事政策の根底にあるものの弱点、限界をもっともみごとにあらわにしたという感じかなあ。そういう意味では、アメリカも含め、やっぱり世界の人民こそが、そういう新しい世界を開くという当たり前にことを問いかけているとも言えるのか。核に固執する為政者の姿ほど醜いものはないが、実験後、ただちに、「理解できる」と発言した、日本の官房長官の姿(仙谷総理とも言われているけどね)は、よりいっそう醜いものに移ってしまうのだけれども。

 ボクは個人的には、中国の民主化というものを、強く支持したいと思っているけれども、だけど、ノーベル平和賞っていうのも、ちょっと軽いものだなあと、こういうことを目にして(佐藤さんの非核三原則だってそうだったけれども)、痛感してしまうのだけれどもね。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 「茶番としか思えない」 勝ち組学生も漏らす就活の不毛 | トップページ | 「多磨全生園」園内保育所実現へ »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/49736055

この記事へのトラックバック一覧です: 米が9月に未臨界核実験 オバマ政権下で初、ネバダで:

« 「茶番としか思えない」 勝ち組学生も漏らす就活の不毛 | トップページ | 「多磨全生園」園内保育所実現へ »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31