« 中山政務官:「日本の女性は家庭で働くことが喜び」と発言 | トップページ | 小沢氏、強制起訴へ 検審が2回目の議決 »

2010/10/04

スクープドキュメント  “核”を求めた日本 ~被爆国の知られざる真実~

 今日ですか? ゆっくりと、職場に行って。少しゆっくり目に仕事。ちょっと遅れを取り戻すインタビュー整理仕事をすすめて、実務をして。少しずつペースをもどさなきゃあ。はい。

 さて、昨日のNHKスペシャル。相方にチャンネル権を奪われているので、録画して、今日、見ました。すごかったですね。これは。

101003_a 今年9月、国連で「核廃絶」をめぐる外相会合が初めて開かれる。 唯一の被爆国・日本は、その役割を今問われている。日本の国是となっている「持たず、作らず、持ち込ませず」の非核三原則。その信頼を揺るがしかねない新たな事実が明らかになってきた・・・。  「非核三原則」の裏側で、日本は、核とどう向き合ってきたのか。独自に入手した極秘文書と、当事者たちの証言から検証し、核廃絶に向けて日本の果たすべき役割を問う。

 中国やインドの核廃絶を前にして、日本は核兵器開発を模索した。しかし、結局、その道は挫折し、アメリカの核の傘を主体的に求めるようになる。もちろん、この話には、前史もあるのだけれども、アメリカに、主体的に追随していく過程は、それはそれでリアル。その結果、世界の核軍縮の流れに国際政治の場では抗してきた事実もクローズアップされている。その軍事的脅威に、軍事的に対応する、日本政治の形成というものはいったいどういうものだろう。ここが明かされる必要がある。
 もう1つ、それがいまの政治にどう連なっているのか、ここでももう一歩ほしいところ。

 でに、被爆者の信条をも裏切る日本政治の裏面に迫った、なかなかおもしろい番組だったと思うけど。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 中山政務官:「日本の女性は家庭で働くことが喜び」と発言 | トップページ | 小沢氏、強制起訴へ 検審が2回目の議決 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/49651721

この記事へのトラックバック一覧です: スクープドキュメント  “核”を求めた日本 ~被爆国の知られざる真実~ :

» NHKスペシャル|スクープドキュメント “核”を求めた日本 [たかしズム「ネトウヨ、バカウヨ、ネット右翼、恥さらし、売国奴、日本の恥」を語るための、たかしのブログ]
2010.10.3さりげない番組だったがとんでもない内容だった。1964年中国の核実験の数年前、ドイツの高官と外務省の役人が熱海で密談をしていた(その中の一人にあの「家畜人」岡崎久彦もいたようだ)。 世界で初めて、2発もの原爆を浴びた日本という国が、20年経たないう…... [続きを読む]

« 中山政務官:「日本の女性は家庭で働くことが喜び」と発言 | トップページ | 小沢氏、強制起訴へ 検審が2回目の議決 »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31