« 教員養成の高度化と専門性・多様性をどう確保するか | トップページ | 4人に1人学費払えず中退 加藤沖大学長ら報告 »

2010/09/25

アルバイトは労働者に非ず?????

 牛丼チェーン「すき家」をめぐっては、驚きというか、理解がほとんどできない話になっている。ブラックというのはとことんブラックだということだけれども、アルバイトに対してもである。「すき家」を展開するゼンショーは、アルバイト店員が残業代の支払いを求めていた裁判で、原告の主張を会社側が全面的に認め決着した。はずだった。ところが、会社は店員と「雇用契約がない」との主張を変えておらず、店員が加入する労働組合との団体交渉には応じていない…。

 とにかくどうも社長がひどい。
 日経ビジネスに、この社長のインタビューがのっている。これ。

 EU労働雑記帳の濱口さんが、元全共闘だった社長についての、この記事を紹介しつつ「一度目は悲劇として、二度目は・・・、すき家の外部の者にとっては喜劇として、しかし内部の者にとっては再度の悲劇として。」と皮肉っています。そのブログはこれ。

 いや、驚いた。
 責任は問われなければならない。
 青年ユニオンのたたかいはつづく…。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 教員養成の高度化と専門性・多様性をどう確保するか | トップページ | 4人に1人学費払えず中退 加藤沖大学長ら報告 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/49562370

この記事へのトラックバック一覧です: アルバイトは労働者に非ず?????:

« 教員養成の高度化と専門性・多様性をどう確保するか | トップページ | 4人に1人学費払えず中退 加藤沖大学長ら報告 »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31